有吉弘行
有吉弘行

 4月7日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、元NHKで、現在フリーの牧野光子アナウンサー(45)が出演。自身のブログに載せている写真について、MCの有吉弘行(43)やオアシズ大久保佳代子(46)らと舌戦を繰り広げた。

 牧野は元NHK静岡のアナウンサーで、現在はSBSテレビでレポーターとして活躍している。そんな牧野は、この日、自身のブログにバスタオル一枚で温泉に入っている写真をアップし続けていることを反省した。大胆に肌を出した写真ばかりをアップしていることについて、牧野アナは「賞味期限が、もう限界かなということで(だから、肌を)出したい」「下心いっぱいのおじさんからはすごく喜んでもらえる」と、恥ずかしがる様子もなく説明。これを聞いている有吉らは、苦笑いを浮かべていた。

 そんな牧野アナに対し有吉は肌がきれいだと褒めたが、昨年、自費出版したバスタオル姿満載の写真集について、牧野は「40(歳)すぎたぐらいから、いろんなところに衰えを感じているので、今のうちかなと思って。おじさまたちを喜ばせています!」とピースサインでコメントした。これに有吉が、大久保らに「僕、詳しくないんですけど、同類型ですか?」と、他の出演者同様に困った人なのか聞くと、大久保がすかさず「このババアですか?」と返し、出演者の笑いを誘っていた。

 その後、大久保は自分も45歳のときに袋とじのグラビアに出演したので、牧野アナの気持ちが分かるとフォロー。しかし、牧野アナは大久保のグラビアについて「憧れ」だとしながらも、「カバが水浴びしている」「袋とじ開けたら加齢臭がした」などと言われていると発言して大久保を激怒させてしまった。

 また、有吉がブログの評判を聞いたところ、牧野アナは「静岡の“由実かおる”って、無許可で名乗ってる」と語り始め、高齢男性に評判が良く「由美」には「湯美」の意味があるなどとテンション高くしゃべり続け、有吉から「うるせえよ!」とツッコまれてしまう。牧野アナは、ふだんは静岡で「地味に地味に」活動しているため、初めてのキー局出演にテンションが上がっていると釈明したのだが、相変わらずテンションは高く、有吉は笑いながら「静岡では嫌われてないですか?」と聞いてスタジオを沸かせていた。

「牧野アナは温泉マイスターの資格を持っていて、写真集も一応温泉ガイドブックということになっています。元NHKアナだけにしゃべりはうまいですし、なにより強烈なキャラを持っていますから、今後もバラエティ番組から声がかかるかもしれませんね」(芸能誌記者)――大久保とのバトルがまた見たい!

あわせて読む:有吉弘行「おっかなさハンパなかった」島田紳助時代の『感謝祭』秘話告白