浜田雅功(ダウンタウン)
浜田雅功(ダウンタウン)

 4月9日放送の『HEY!HEY!NEO!』(フジテレビ系)に、歌手の三浦大知(30)が出演。ダウンタウンと初めて会ったときのエピソードを明かし、松本人志(54)と浜田雅功(54)を驚かせる場面が見られた。

 この番組は人気音楽バラエティー『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』のスピンオフ放送。三浦は1997年にダンスボーカルグループ、Folderのメインボーカルとしてメジャーデビューして、和製マイケル・ジャクソンと称され人気となるが、変声期をきっかけに活動を休止した。その後、2005年にソロデビューを果たし、振付や作詞作曲を担当するようになったとVTRで紹介された。

 三浦が新曲『DIVE!』をステージで披露した後、激しいダンスと歌のパフォーマンスを見た浜田は「あのチビが、こうなるか」と驚き、「口パクでええやん」とアドバイス。三浦は苦笑いしつつ、「タイミングをもう逃してしまった感じがあって。口パクにするのも……」と言葉を濁した。すると、松本が「すごい踊って口パクの人っていうのが、僕はちょっと思い当たらないんだけど、誰のことを言ってるん?」と、しらじらしくボケて浜田を追い込んだ。浜田は焦ったように三浦を指し「たとえばやん。なっ、さっき言うてたやん?」と話題を振ると、三浦は慌てて「いやいやいや、言ってないです。僕が言ってたみたいに言わないでください」と、笑いながら二人に抗議した。

 その後、9歳のときにFolderで『HEY!HEY!HEY!』に出演したときの映像が流れ、三浦とは20年ぶりの再会であると浜田が説明すると、三浦はダウンタウンと初対面のときのエピソードを話し始めた。収録のときにメンバーが子どもだったため、「みんなお子様ランチとか、好きなジュースとか頼んでいいよ」とメニューを出されたのだが、他のメンバーがお子様ランチやハンバーグを頼む中、三浦は食事を済ませていたためウーロン茶を注文したという。

 ジュースではなくウーロン茶を注文した三浦に、ダウンタウンの二人が「あれっ、おまえホンマはオッサンやな?」とツッコんだうえ、股間をつかんできたのだと三浦は二人の暴挙を告発。松本は「絶対ウソやって。頭おかしいやん。オッサンが股間ガーッて」と否定したが、当時、実際に触っていた証拠VTRが流れると、松本は「思い出した」と認め、三浦は「思い出しました? やっぱり、やられたほうは忘れない」と勝ち誇ったように笑っていた。

「スピンオフ番組ではありますが、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に続き、懐かしの番組の復活でしたね。松本と浜田という売れっ子二人のスケジュールを確保するのは難しいでしょうが、アーティストに対する二人の絡み方も抜群でしたし、ぜひ頻繁に見たい番組ですね」(芸能誌記者)――ぜひ復活を!

あわせて読む:浜田雅功にタメ口、 ハーフモデル・加藤ナナに視聴者イライラ

日刊大衆TOPへ戻る