北朝鮮・金正恩、世界を惑わす「伝統の三枚舌」

 すごいのは髪型だけではない。武力を背景に自爆テロさながらの威嚇行為を続けてきた暴れん坊将軍が急に変節!?

「心から拍手を贈る国民の姿に、深く感動した」 4月1日、こう語ったのは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。これまでずっといがみあっていた韓国が平壌に派遣した『韓国芸術団』のコンサートを見ての大絶賛だが、どうにもキマリが悪い。北朝鮮では、思想統制のため、韓国の音楽や芸術に触れることを原則的に禁止して来たからだ。

『コリア・レポート』編集長の辺真一氏が言う。「北朝鮮の教化所(刑務所)には“Kポップを歌った”という理由だけで、収監されている人がいる。アメリカの人権団体『北朝鮮人権委員会(HRNK)』は、このことを問題視しています」と、かつての北朝鮮はゴリゴリの国体護持、タカ派外交を押し通していた。

 ベテランの政治記者が言う。「1953年、朝鮮半島は38度線で南北に分断。初代・金日成、2代目・金正日に続き、2011年、20代後半の若さで国のトップへ就いたのが、3代目の正恩です。就任以降、今まで以上に、核実験やミサイル開発へ注力し、韓国、アメリカをはじめ、周辺諸国を“火の海”にするぞと脅してきました」

 それが一転、“デレデレ外交”。正恩氏は、韓国のアイドルグループ『レッドベルベット』の公演を観覧。メンバーと握手までして、「こういう場の素晴らしさを文在寅大統領に伝えてほしい」とベタ褒め。秋波を送ったのだ。「主張をコロコロ変える、二枚舌ならぬ“三枚舌”外交は、北朝鮮伝統のお家芸。先日、正恩が口にしていた“非核化実現は先代の遺訓”も、伝統の常套句。先代・正日は、05年にそう話しながらも、翌年に核実験を挙行。初代・日成も非核化を宣言しながらも、コッソリ核開発に努めてきました」(前同)

■平昌冬季オリンピックで勝負に出て

“伝統の三枚舌”に従い、上辺だけの「ほほえみ外交」を見せているが、今回の変節は、この冬の韓国・平昌冬季五輪で始まった。「平昌冬季五輪は、チケットの販売が壊滅的状況で、収支どころか、国家のメンツも危ういところだった。そこで、韓国政府は北朝鮮に泣きつき、アイスホッケー女子の南北合同チームを結成。開会式でも、合同入場行進を見せ、“南北融和”を大会の目玉としたんです」(前同)

 国際社会で韓国の足元を見て、孤立を深める正恩氏は、勝負に出た。「三池淵管弦楽団、美女応援団、妹・金与正(党第1副部長)らを韓国へ送り込み、世界中のメディアを席巻。果ては、28億6000万ウォン(約2億8900万円)もの資金援助を韓国から引き出し、そこにプラスして、4月27日に南北首脳会談を開催する約束まで取りつけたんです」(外務省関係者)

 2000年、韓国・金大中大統領と北朝鮮・金正日国防委員長(ともに当時)が、歴史上、初の首脳会談を開催した際も、「韓国は北朝鮮へ、4億5000万ドル(約450億円)もの金を送金したとされています。“言われるがまま”です」(前同)

 北朝鮮事情に詳しい外交評論家の井野誠一氏が言う。「平昌冬季五輪でも、韓国側が北(正恩)の思う通りに応じ、動いたわけです。そして、この韓国との関係改善のムードをバネに、対米関係の改善を仕掛けると、予想以上の反応がトランプ米大統領から得られた。それが、5月中に米朝首脳会談を開催するという話へつながっていったのです」

■習近平に会いに中国へ

 平昌五輪をきっかけにアメリカへ接近。続いて、「対中関係の改善へと舵を切りました。正恩氏がトップに就任してからの6年間、中国サイドから再三再四、訪中を促されてきましたが、ああだこうだ言って拒否。習近平国家主席に“平壌か、国境の新義州なら会っても良い”などと、ダダをこねまくっていました。そんな生意気な若造が、“お目にかかって教えを乞いたい”と豹変。習氏は悪い気がするはずもなく、結果、正恩氏を“非公式訪問なのに国賓扱い”としたのです」(前同)

 正恩氏の狙いは? 井野氏が続ける。「金正恩氏の本音は、“今は低姿勢な態度を示したほうがいい”というもの。全面的な服従ではありません。今、北朝鮮は核戦力を充実させており、韓国、米国との首脳会談開催の約束も取りつけた。そうした追い風を背景にしたうえで、習近平氏に会いに行った訪中だとみるべきでしょう」

 伝統の三枚舌を使い分け、“貧すれば鈍す”の現状を打破せんと考えたのだろう。「今回、一連の正恩の行動は、米国とのチキンレースにおける疲労、不安、また経済制裁がボディーブローのように効いてきて、焦りが生じていたことも原因の一つでしょう」(前同)

■次に狙うは、ロシアと日本!

 だが、着々と成果は出ている。平昌五輪、4月27日開催の南北首脳会談で、完全に取り込まれた韓国。3月末の訪問で、ハートをつかまれた中国。そして、5月末までに首脳会談を開催する予定のアメリカ――米中韓を押さえた北朝鮮が次に狙うのは、2つの国。その1つが、ロシアだ。「ロシアの極東部に位置するウラジオストクから、北朝鮮との国境までは約150キロほど。車を飛ばせば2時間ほどの距離で、地政学上でも、北朝鮮はロシアを重要視せざるをえません。北朝鮮の李容浩外相は4月9~11日の日程で、ロシアを訪問し、ラブロフ外相と会談します。これは、プーチン大統領と金正恩の首脳会談を開催する布石だというのが、国際評論畑での共通認識です」(外交筋)

 もう1つのターゲットが、我らが日本。「森友学園問題に揺れ、支持率を下げた安倍首相は、9月の党総裁選を前に手柄が欲しい。北朝鮮問題を進展させたとなれば、小泉純一郎元首相以来の快挙です。安倍首相は“地球儀外交”で各国首脳とつながり、実績を残してきました。たとえば、官民一体で進めてきたトルコへの原子力発電所の輸出は、総事業費が5兆円以上の巨額なビジネス。しかし、安倍政権は北朝鮮とのパイプがない。ここで話の端緒でもつかめれば、支持率の回復も見込めます」(全国紙政治部記者)

 韓国、中国、アメリカ、ロシアと異なり、日本政府とは、具体的な接触の話が何もない現状。ここで正恩氏は、奇策を弄して接近してくる。「3月30日、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は、北朝鮮へ出向き、正恩と会談。そこで正恩は、“2020年の東京五輪に、選手が参加できるようサポートしていく”とコメント。融和姿勢をアピールしつつ、日本へ秋波を送りました」(前出の全国紙政治部記者)

 続けて、4月4日午後には、バッハ会長と安倍首相が緊急電話会談。「北朝鮮訪問についての説明があったと、確かに聞いています」(前同)

■6兆円くれるなら核廃棄してもいい!?

 迂回しながらも、“平和外交”を進める正恩氏。先日までミサイル発射を繰り返してきたこの変節漢は、何を考えているのか?「昨年5月、“毎年6兆円をタダでくれるなら、核廃棄をしてやってもいい”と話しているとの報道が出ました。これは、その前年から北朝鮮が中国と秘密裏に交渉していた話で、毎年の6兆円は“アメリカ、中国、韓国、ロシア、日本が出す”というもの。核廃棄をカードに、非現実な要求をして、そこそこの額の支援を引き出すというのが、北朝鮮流の交渉術なのでしょう」(同)

 先にも触れたが、“非核化”はお決まりの常套句。前出の辺氏が言う。「オバマ前大統領時代の2012年2月、金正恩氏は核実験やミサイル発射実験を一時停止すると表明していましたが、その2か月後、合意破棄を一方的に通告。続けて、“人工衛星”と称し、長距離弾道ミサイル(テポドン)を発射しています」

 伝統の三枚舌で、世界を振り回さんとする北の暴れん坊将軍。真意はどこに!?

あわせて読む:中国・習近平主席&ロシア・プーチン大統領、二大強国「永久独裁化」への一本道