コブクロ新曲『君になれ』高野苺が描く漫画版MVが大反響「この二つの作品は元々一つだったんじゃないか」

 4月25日発売の『月刊アクション6月号』(双葉社)より、『orange』の高野苺氏による新連載漫画『君になれ』がスタートする。4月11日に、それにさきがけ同作のもとになったコブクロによる同名楽曲のティザーミュージックビデオがYouTubeにて公開。同日、新連載の特設サイトもオープンとなった。

『君になれ』は同日にリリースされたコブクロのシングル『ONE TIMES ONE』の収録曲。コブクロからコラボレーションを依頼された高野氏が、同曲から受けたインスピレーションをもとに物語やキャラクターを作り上げ、オリジナル作品として連載をスタートする。

https://youtu.be/5zCD5WA4Vm8

 公開となったティザーMVは、高野氏の原稿執筆過程や、コブクロの小渕健太郎が歌詞を手書きする様子を使用したもの。小渕は公開にあたり、「僕が真っ白な紙に歌詞を書く作業と、高野さんが真っ白な紙に絵を描く作業が、まるで呼び合うように進んで行く映像を見たとき、この二つの作品は元々一つだったんじゃないかと思えるほど自然でした」とコメント。黒田俊介は「君になれを歌いたい。もっと歌える。もっと伝えられる。いつまでも見ていたい。高野先生ありがとう」とコメントを寄せている。

 また、11日には漫画『君になれ』特設サイトも公開。高野氏は「初めて聴いた時、もうすごくかっこ良くて、涙が出そうになるのを唇を噛みながら堪えて、喉の奥が熱くなる感覚でした。グラついた足元をぎゅっと固めてくれるようでした」とコメントを寄せている。

あわせて読む:高野苺新連載はコブクロ楽曲とのコラボ「月刊アクション」で予告掲載

日刊大衆TOPへ戻る