大原櫻子
大原櫻子

 4月25日に発売される大原櫻子(22)のニューシングル『泣きたいくらい』のミュージックビデオが4月12日に解禁され、ファンの間で早くも大絶賛されている。

 今年3月に日本大学芸術学部を卒業した大原は、これが大学卒業後初めてのシングルとなる。中川大志(19)と広瀬すず(19)が出演する、資生堂“SEA BREEZE”のCMソングとして起用されている同曲は、大原がCMのために書き下ろしたという。

 今年2月に遊園地で撮影されたMVには、展望台やミラーハウス、パネルに顔をはめてほほ笑む姿など、さまざまなアトラクションを楽しむ大原の姿が収められている。遊園地シーンは8mmフィルム風のレトロ映像で、アングルも主観視点になっており、まるで大原とデートをしているかのような仕上がりになっている。

 さらに展望台のシーンでは、大原がカメラに顔を近づけてはにかんだり、椅子に寝そべって上目遣いで見つめるシーンも。ファンにはたまらない映像となっており、YouTubeのコメント欄や、大原のインスタグラムには「かわいい!」という感想が続出。「かわいすぎ罪でタイホー!」「“彼女と遊園地なう” みたいな動画でとってもかわいかった」「さくちゃんと遊園地でデートしてる感がキュンキュンしました」「彼女感ハンパない……デートしてる気分が最高です」といったファンからのコメントで埋め尽くされた。

「大原のMVは、朝起きて自転車で海へ駆け出す『Glorious morning』や、スマホの動画つきメッセージで友人を励ます『無敵のガールフレンド』など、これまでも、今回のデート風映像のような、等身大の世界観を出していました。今回は大学卒業後一発目の作品ということで、少し大人っぽくなった大原櫻子の表情が好評です」(音楽ライター)

 今年でデビュー満5年を迎える大原櫻子。次作ではどんな表情を見せてくれるのだろうか。

あわせて読む:
・浜辺美波と『ポプテピピック』のコラボCMに「相性良すぎ!」
・深田恭子のストレッチにクギヅケ! 「うんとこどっこいしょ体操」が話題に