乃木坂46・樋口&欅坂46・土生の「専属モデルデビュー」に、ファン歓喜!

 4月18日、乃木坂46の樋口日奈(20)と欅坂46の土生瑞穂(20)が、ファッション誌『JJ』(光文社)の専属モデルになることが発表された。

 この日、『JJ』の公式サイトで、樋口と土生が同誌の専属モデルになることを発表。5月23日に発売される7月号でデビューを果たすことも同時に告知された。

“坂道シリーズ”の2グループから、同時に専属モデルが誕生するのは初めてのこと。ともに20歳の同級生コンビは、インタビューやヘアアレンジのページなどに登場するという。

 専属モデルになることが発表された樋口は、「憧れのJJモデルに自分がなれるなんて、夢にも思っていませんでした。まだ夢の中にいるような不思議な気持ちです」「自覚を持って、素敵な女性に近づけるよう精進していきます!」と、公式サイトにコメント。

 土生も「モデルという職業は小さい頃から1つの夢でしたので、そのスタートラインに立てたことが幸せです」「皆さんに認めていただけるよう日々努力していきたいと思います」と、喜びのメッセージを寄せていた。

 ファッション業界での活躍が目立つ坂道シリーズだが、新たな専属モデルが誕生したことをファンも喜んでいるようだ。ネットには「坂道メンバーそれぞれに、活躍の場が増えてうれしい!」「坂道シリーズのモデルの多さ、やばい」「土生ちゃん、JJ専属モデルおめでとう! 背高いしスタイル良いから、モデルの仕事すごくピッタリ!」「日奈ちゃんの活躍が雑誌で見られるなんて感激」「同級生コンビが一緒にモデルになるなんて、すごすぎる」など、歓喜のコメントが多数上がっていた。

「最近は、アイドルが女性誌のファッションモデルを務めることは珍しくありません。坂道シリーズでいえば、乃木坂46では白石麻衣(25)が『Ray』(主婦の友社)『LARME』(徳間書店)のモデルになったのを皮切りに、齋藤飛鳥(19)、松村沙友理(25)、西野七瀬(23)、堀未央奈(21)など、多数のモデルが誕生。欅坂46でも、渡邉理佐(19)が『non-no』(集英社)、渡辺梨加(22)が『Ray』『LARME』の専属モデルとして活躍しています」(芸能誌ライター)――今後も増えそう!

あわせて読む:
・欅坂46・長濱ねる、「坂道AKB」のセンター抜擢に、ファン大興奮!