小山慶一郎、ジャニー喜多川氏から「テレビ局に入社しちゃいな」

 4月18日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、NEWSの小山慶一郎(33)が出演。同局の報道番組『news every.』(日本テレビ系)のキャスターを務めるようになった経緯を明かした。

 この日は“報道番組&キャスターを徹底調査”と題され、番組の制作過程を密着取材し、どう作られているかが紹介された。番組の冒頭、MCを務める東野幸治(50)が、ゲスト出演していた日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(46)に、バラエティ番組にはあまり出演していないと話を振ると、藤井はいつもはフリーの羽鳥慎一アナウンサー(47)か、同じ日本テレビの桝太一アナウンサー(36)と水卜麻美アナウンサー(31)、あるいは小山と一緒であるとコメント。これを聞いた東野が「小山くんも(藤井にとっては)日本テレビアナウンサー枠なんですね」と返すと、藤井アナは「こういうところ(バラエティ番組)で小山くんはいつも活躍しているのかと思うと、なんか本当にいいなぁと思って」と感想を述べ、東野から「相変わらずの小山愛がすごいですね」と指摘されていた。

 その後、VTRで『news every.』放送前の準備の様子や放送中、放送後のスタッフやキャスターたちの姿が流れた。その中での『news every.』メンバーと小山の絶妙なチームワークについて、東野が「一番いい番組に当たったんちゃう?」と小山にコメントを求めると、小山はまじめな表情で「最初は僕も報道番組っていうのは、よく分からなかったので、現場に入ったらガッチガチの報道番組だったんで場違いじゃないかな、これは髪とか伸ばしてる場合じゃないみたいな」と発言。番組に加わった当時のとまどいを明かした。

 また、小山は『news every.』加入前に、ジャニー喜多川氏(86)から「ユーはアナウンサーになったほうがいい、そのテレビ局に入社しちゃいなさいって(ジャニー氏から)言われて」と、アナウンサー業を勧められていたと告白。さらに「アイドルと両方やりなさいって言われてたんですけど、その話が流れていったすぐ後に(『news every.』の)オファーが来て」と、ジャニー氏の言った通りになったと明かした。これに東野が、ジャニー氏は現在の活動をどう思っているのか聞くと、小山は以前、本人に聞いたときは番組を毎日見ていると答えてくれたが、「もう少しアイドルもしたほうがいいんじゃない?」とアドバイスされたと話し、出演者たちから笑いが起こっていた。

「ジャニー氏は“もう少しアイドルも”と言っていたみたいですが、NEWS自体、グループでの活動が減ってきていますからね。藤井アナにはずいぶん気に入られて、キャスターとしての指導も受けているようですし、小山もこのままトップキャスターを目指したほうがいいかもしれませんね」(芸能誌記者)――いつかはメインキャスターに!?

あわせて読む:
・小山慶一郎、“激写常連”手越祐也の無反省ぶりにおかんむり!?