六角精児「何千万か負けた」ギャンブルへの思いを告白

 4月19日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、俳優の六角精児(55)が出演。55歳にして初めて気づいたことを明かし、タレントのマツコ・デラックス(45)や南海キャンディーズ山里亮太(41)らを驚かせる場面が見られた。

 この日は、3度の離婚を経験するなど波乱万丈な人生を送ってきた六角がゲストとして登場し、マツコや山里らとトークを展開した。その中で、パソコンが苦手だという六角は、成人向けのサイトを見たくなったときのエピソードを披露。六角によると、パソコンを購入するも、設定ができなかったことから、妻に成人向けサイトを見たいからセッティングしてくれと依頼。だが、作業の途中でそのバカバカしさに気づいた妻に、「なんでオメエのために」とキレられたという。

 そこで六角は、ネットをするならスマホが便利であることにようやく気づいたそうで、今では家族が寝静まった後にスマホで見るのが楽しみになっているのだとか。こうしたスマホの便利さ以外にも、六角には、55歳にして初めて気づいたことが少なくないと言い、山里が、それらをまとめたフリップを使って紹介した。

 その中の一つである「ギャンブルで生きていくのは難しい」について聞かれた六角は「何千万(円)か負けて、やっと気がつきましたね」と告白。これまで、パチンコや競輪、そして人には言えないギャンブルに手を出してきたそうだが、負けが続き、生活がどんどん苦しくなっていったという。中でも、パチンコには力を入れていたそうで「(店に)朝から並んだり、夜明けから並んだりしてたんですけどね」と明かし、共演者を爆笑させた。

 そのようにギャンブルには負けっぱなしだったという六角だが、一方で「お芝居とかそういうとこで、なんかいろんな人に出会うような運は、とってもあるんで。なんか平均して考えたら、そちらのほうがラッキーだったかなとも思う」と明かすと、山里は「これはギャンブルやめない人間の話ですね」と六角にツッコみ、スタジオの笑いを誘っていた。

「六角は、ギャンブルにのめり込んでいた時期、借金が1000万円を超えていたそうですが、2005年のドラマ『電車男』(フジテレビ系)に出演した頃から、仕事が増え始め、現在は全額を返済しています。多額の借金をするのは良くないと思いますが、ギャンブルをやらない六角精児なんて、あまりに“らしくない”でしょう。これからも無理しないで続けていってほしいですね」(芸能誌記者)――たしなむ程度でお願いします。

あわせて読む:
・新『相棒』好発進も「あの人がいないのはツライ」と嘆き噴出