菅田将暉
菅田将暉

 4月25日に『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に俳優の菅田将暉(25)が出演。ロケ企画での、子どもたちへの菅田の対応が視聴者に好評だったようで、ネット上で「絶対いいパパになる!」と話題になっている。

 菅田は、“マイクを握っちゃったらリポートしなきゃいけないの旅”のロケ企画で、神奈川県川崎市へ行くことに。道端に落ちているマイクを拾った一般人に、街のリポートをしてもらうこの企画。今回マイクを拾ったのは、6歳と3歳と1歳の3人の子どもを連れた家族で、菅田はその家族とともに「夢見ヶ崎動物公園」へ出発する。

 しかし閉園時間まで残りわずかだったため、菅田は子どもたちとともに駆け足でリポート。子どもたちが遠目にフラミンゴを見つけると、菅田は子どもを肩車して塀の上から見せてあげた。

 そしてリポート終了後、菅田が子どもたちへ「俺の名前分かる?」と質問すると、子どもたちは「菅田!」と元気よく返答。さらに「遊んでくれてありがとね!」「またマイク置いておいてね!」と感謝の気持ちを伝えた子どもたちと菅田が熱い抱擁を交わし、ロケは終了。VTR明けに菅田は「かわいくて」「“またマイク置いておいてね”って言われたとき、俺泣きそうになりましたもん」とロケの感想を語った。

 この子どもたちに接する姿は、スタジオでも好評で、ゲストの松本伊代(52)は「お子さんの扱いがお上手」とコメント。視聴者の間でも「かっこよくて優しいパパになりそう!」「菅田パパの未来図かな?」「子どもたちもすんなり心開いてる」「肩車してあげるところがすごい萌えた」「肩車してる姿が菅田君のお父さん像を想像できた!」と話題を集めた。

「菅田将暉といえば、2009年9月から1年間にわたって放送された、テレビ朝日系の特撮ドラマ『仮面ライダーW』で、桐山漣(33)とともに主人公の仮面ライダーを演じました。二人で1人のライダーに変身するという設定だったので、いつも街中で子どもたちに変身をねだられると“相方がいないからできない”とごまかすと、最近ラジオで話していました。子どもの夢を壊さない、ヒーローとしての理想的な返しですし、彼の子ども好きな一面が伝わったと、ライダーファンにも大好評でした」(テレビ誌ライター)

 楽しそうに子どもとふれあう姿を見せた菅田。どんな父親になるのか楽しみだ。

あわせて読む:
・竹内涼真は4位! 恋人にしたい「仮面ライダー俳優」ランキング
・菅田将暉が3位!ドラゴンボール「実写版で悟空役」演じてほしい芸能人は誰?
・菅田将暉「一生忘れられない」仮面ライダートークに特撮ファン歓喜