『家、ついて行ってイイですか?』、晩婚夫婦のラブラブぶりに感動 「ステキだなあ」

 4月25日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に、一組の熟年夫婦が登場。その仲むつまじい姿が、ネットで話題を呼んだようだ。

 この日の放送では、埼玉県の南越谷駅で出会った女性のちよさん(48)の家について行くことに。ちよさんの夫の和夫さんは2歳年上の50歳で、4年前に初婚で結婚したばかりの晩婚夫婦だった。

 二人の出会いは、酒屋で開かれていた試飲会とのこと。その後、急速に仲を深めていき、出会ったのは秋だったが翌年の春に結婚。ちよさんは「何かこう勢いがあったよね」と当時を振り返った。

 番組スタッフが40代の恋愛事情について尋ねると、和夫さんは「(妻に出会うまで)恋愛から遠ざかっていた感じがします」と告白。ちよさんも「結婚自体、諦めてたに近い」と率直に語った。

 二人はいまだにラブラブなようで、一緒に旅行したり、晩酌を楽しんだり、寝るときは手をつないで寝たりと、幸せな夫婦生活を送っている様子。その後、結婚式のDVDを見せてもらうことになったが、二人はいつの間にか手をつなぎ、和夫さんはそのDVDを見ながら涙を流していた。

 そして和夫さんは、「この歳で一緒になったからお互いに大事にしようと思うのかも」と語り、ちよさんも「この人に出会えて本当に良かったなって、本気で思ってます」と、二人は最後までノロケていた。

 そんな仲むつまじい熟年夫婦の姿は、放送後ネットで大反響。「この夫婦、ステキだなあ」「こういう夫婦を見ると結婚も悪くないって思う」「いい夫婦だねぇ……見ながら感動してる」「この夫婦、理想だな。楽しそう」など、幸せそうな二人をうらやむコメントが続出していた。

「同番組では、これまでにも個性的な夫婦が登場して、さまざまな夫婦のかたちを見せてくれています。4月4日の放送では、絵画が趣味のおじいさんが出演。自宅の1階をギャラリーに改造してしまうほど趣味に没頭するおじいさんに、おばあさんが苦言を呈するシーンがありました。しかし、おじいさんが体調を崩して入院したときは、おばあさんがつきっきりで看病したそうで、夫婦の深い絆を感じさせてくれましたね」(テレビ誌ライター)――ステキな家庭をもっと見たい!

あわせて読む:
・『家、ついて行ってイイですか?』、“ジャニーズWEST”好き女性ADに大反響!