田中圭
田中圭

 田中圭(33)が男にモテまくる魔性のサラリーマン、春田創一を演じ、話題沸騰中のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』。5月12日に放送された第4話では、春田の天然無自覚のズルさがさらにエスカレート。一度フった相手でもあり、同居人で後輩社員の牧凌太(林遣都/27)を翻弄した。

 黒澤部長(吉田鋼太郎/59)に惚れられたことで、その妻の蝶子(大塚寧々/49)から「訴えます」と脅された春田。黒澤に「純粋な上司と部下の関係に戻りたい」と思いを伝えると、黒澤は悲痛な叫びを上げたものの、涙を飲んでそれを受け入れた。

 そんな中、飲み会で武川主任(眞島秀和/41)が、机の下で牧の手をにぎっている場面を、春田は偶然見てしまい、激しく動揺する。

 その牧は、春田と春田の幼なじみの荒井ちず(内田理央/26)が、微妙な関係になっているのを察し、春田との同居解消を切り出す。しかし春田は、なぜか「行くな!」と、牧を後ろから抱きしめて、引き止めるのだった。

 第4話では、武川が牧の元彼だったことも判明し、関係性が複雑化。部長との仲は、ひと区切りついたが、春田の牧への気持ちは一層グチャグチャに。一度は牧の気持ちを断り、友人になりたいと伝えた春田だが、牧への行動は真逆に進行しているようだ。

 飲み会のときに見た武川と牧との様子にも、春田はあからさまに動揺し、必死に自問自答、自分の気持ちをどうにか整理しようとしていた。それでも胸のザワつきは抑えられない。ソファで一人ジタバタもがく姿は「それはもう恋だから!」とツッコミを入れたくなるほどかわいかった。

 そして、ちずが自宅を追い出されて春田の家にやってきたとき、牧がちずに夜食を手作りしたり、ベッドの準備までしていたのだが、ちずが牧の優しさに感動すると、なぜか春田がドヤ顔に。「牧くんプロの執事になれるよ!」とちずが褒めると、春田は、なぜか上から目線でうなずいており、完全に「俺の牧、すげーだろ」という、自慢げな様子だった。

 極めつきは第4話ラストの、牧が、武川は自分の元彼だと告白した瞬間からのバックハグシーンだ。元彼と聞かされたときの春田は、ショックと悲しみが入り混じったような複雑な表情を見せたが、家を出ていこうとする牧を力強く引き寄せ、牧の顔を必死に見ながら「行くなって!」と引き止めた。このまさかの行動に、牧すらも動揺を見せていた。

 バックハグをした瞬間の春田は「牧は俺のものだ」というセリフが似合いそうなほどの男気。このときの春田は、シャワーから上がって、上半身はバスタオルを首にかけただけの姿だったこともあり、そのビジュアルも含めてネットは騒然となった。

 次回は春田と牧がつきあう展開になるようだが、ひと筋縄ではいかないだろう。部長の恋も簡単には終わらないようで、まだまだ複雑に絡みあいそうな恋の行方を見守りたい。

あわせて読む:
・『おっさんずラブ』、田中圭のかわいすぎる「魔性ぶり」にメロメロ
・三浦翔平&ディーンが3位!春ドラマ「結婚したいイケメン俳優」ランキング!!
・春ドラマ出演「熟イケメン」、一番結婚したいのは誰?