【リポート動画付】劇場版『仮面ライダーアマゾンズ』出演の谷口賢志「絶対に裸で観ないでください」とファンに異色アピール

 2016年からAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした『仮面ライダーアマゾンズ』。その完結編となる映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の公開を控えた今月15日、都内でその4DX版の完成披露試写会が行われ、キャストやスタッフたちが登壇した。

 キャスト全員が劇中の衣装に身を包んで現れたが、仮面ライダーアマゾンアルファに変身する鷹山仁を演じた谷口賢志(40)は、上半身が裸という刺激的な出で立ち。そのことについて谷口は「乳首を見せながら舞台あいさつする人もなかなかいないと思うので、伝説を作れているのでは」とコメントし、会場の笑いを誘った。

 仮面ライダーアマゾンオメガに変身する水澤悠を演じた藤田富(26)は、劇場版仮面ライダーシリーズ初となる4DX上映の見どころを聞かれると、「やっぱり乳首の演出…」とふざけながらも、「(4DXの様々な効果による)臨場感も楽しんでもらいつつ、観ている皆さんが変身しているような体験を味わっていただけるところでは」と熱く語った。

 一足先に今作の4D特別予告WEB限定ver.に水澤美月役として出演していた武田玲奈(20)は「(CMに一緒に出演した仮面ライダーアマゾンの)アルファとオメガのリアクションが、かわいかったです」と振り返り、会場を和ませた。

 また本作のシーズン2から登場する黒崎武にふんする三浦孝太(34)は「黒崎という役はドラマの中では戦わずに命令している場面が多いんですが、この劇場版ではけっこう頑張って戦っているシーンがあるので、そこが4DXによってすごい迫力になっているんじゃないでしょうか」と自ら出演したシーンをアピールした。

 イベントの後半で、集まったファンと一緒に4DXによる予告編を体験したキャストたちは、映像に連動したシートの動きに驚きながらも大興奮。藤田が「楽しい! これはもう、アトラクションですね!」とコメントすると、谷口が「絶対に裸で観ないでください。(吹きかかる風が)すごく冷たいので!」と応え、主演2人が息のあったところを見せて、最後まで会場を盛り上げた。

 映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は5月19日より全国公開。

https://youtu.be/tBCkef9fusw

あわせて読む:
・『ミラクル9』、思わぬ“ライダー俳優推し”にファン歓喜!
・三浦翔平&ディーンが3位!春ドラマ「結婚したいイケメン俳優」ランキング!!
・ライダー俳優・椿隆之、顔面殴打事件の真相を告白