『家、ついて』、取材カップルにスタッフが見せた「本心」がバカウケ!の画像
『家、ついて』、取材カップルにスタッフが見せた「本心」がバカウケ!の画像

 5月16日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)で、ケンカ中のカップルに取材を敢行。彼らに対する番組スタッフのツッコミが、視聴者に大ウケだったようだ。

 この日の放送では、終電後の吉祥寺駅前で、ケンカ中のカップルに遭遇。険悪な雰囲気もお構いなしに、番組スタッフは「タクシー代を払うので家について行ってイイですか?」と交渉。その結果、カップルの住む東京都羽村市の家まで同行することに。

 家に向かうタクシーの中でケンカの理由を聞くと、彼氏は「(彼女が)チャラいんですよ」と主張。その後も彼氏は、彼女に対する不満を番組スタッフに打ち明けた。

 そんな険悪カップルだったが、自宅についた途端、今までのケンカがウソのようにじゃれ合い始める。その様子を見ていたスタッフは、「何で急にイチャついてるんですか?」「気がつくとイチャイチャするじゃないですか?」と質問攻め。

 その後もラブラブな雰囲気を隠さない二人に、スタッフは「やめてくださいよ、イチャイチャするの」「良いですね、楽しそうで」とあきれた様子。そのうちスタッフもイラついてきたのか、「急にイチャイチャしやがった」と荒れた口調でツッコみ、カップルは大爆笑していた。

 そして、取材を終えてスタッフが家を出たとたん、すぐに室内からはイチャイチャする声が。これを聞いたスタッフは、再びドアを開けて「閉めた後イチャつきました?」「楽しげな声が聞こえましたよ」と、仲むつまじいカップルに対し、再度ツッコんでいた。

 そんなラブラブカップルにイラつく番組スタッフに、視聴者は大ウケ。ネットには「スタッフのツッコミ最高だった!」「最後までイチャイチャにちゃちゃいれるスタッフが面白すぎる」「スタッフも個性出すようになってきたな」「若干イラついてるのがウケる」「ツッコミのタイミングも完璧だった」など、称賛のコメントが続出していた。

「同番組のスタッフには、個性的な人物が多いようですね。3月14日の放送では、同番組の女性ADの家を訪問。その部屋には、ジャニーズWESTの桐山照史(28)のブロマイドが飾られていて、壁には“WESTと仕事をする”と目標の書かれた紙まで張ってありました。この回はジャニーズファンから大反響だったようです」(テレビ誌ライター)――スタッフの気持ちに共感。

あわせて読む:
・『家、ついて行ってイイですか?』、晩婚夫婦のラブラブぶりに感動 「ステキだなあ」
・おぎやはぎ矢作兼、テレビ東京・鷲見玲奈アナの「矢作さんはダメ」発言に困惑
・木下優樹菜「超面倒くせぇ」夫フジモンの“束縛ルール”にガチギレ