■4月から『ブラタモリ』アシスタントは林田理沙アナ

 さて、4月から『ブラタモリ』のアシスタントを務めるのは林田理沙アナ(28)。「初登場時、冒頭でタモリにあだ名を問われると、“リンダと呼ばれている”と返答。それにタモリが“リンダ? リンダっていうのもな……ちょっと……今日一日、考えよう”と返したことが、大笑いにつながりました」(前出の放送作家)

 前出の丸山氏は断言する。「林田アナの“学習”は始まったばかり。彼女もこれまでの女子アナと同様に、タモリの手腕により徐々に自分の色を出していき、ブレイクしていきますよ!」

■『笑っていいとも!』出演者もブレイク

 しかし、実際にテレビに映るタモリと女子アナのやりとりからは、とりたてて指導をしたり、成長を促すような様子は見えない。「タモリさんが積極的に“女子アナを育てている”というわけではありません。ただ、彼は横にいる人間を、自由にさせているだけ。それがまさに彼のテクニック。その結果、女子アナは自然と自分で考えて話し、動くようになる。すると、そのうち自信がつき、才能が開花されていくんです」(前同)

 タモリのそうしたスタンスは、2014年3月に終了した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でも長年、貫かれており、「『いいとも!』出演者のほとんどが、一度はブレイクしている」とラリー氏は話す。タモリの番組は、女子アナやタレントの「育成塾」と言っても過言ではないのだ。神格化する“カリスマ講師”タモリは、今後も売れっ子の女子アナを育て続けるに違いない!

あわせて読む:
・山崎夕貴、小林麻耶、上田まりえ…美人女子アナの意外な「下着事情」
・『水曜日のダウンタウン』、“パクリ連発”ものまね芸人にネット騒然 「クズすぎる」
・たけし、さんま、タモリ…お笑いBIG3が「逆境を乗り越えた瞬間」

  1. 1
  2. 2