海外投資などの金融事情に詳しく、多くの預言に満ちた著書を放つ作家は、かつて宝島社で売れに売れた『別冊宝島』を手掛け、オウムのサティアン潜入で話題をさらった『宝島30』編集長を歴任した敏腕エディターだった。その若き時代は、ちょうど激動の19…


あわせて読む:
・品川祐「ネットで悪口を書き込む人は、“架空の人”なんだよ」麻美ゆまのあなたに会いたい!
・小結・御嶽海「高安関と同じ地位を目指す!」独占インタビュー
・ビートたけし独立騒動「電撃手打ちの深層」