中居正広「外国の甘さ」、大人気のアイスシェイクに困惑!?

 6月4日放送の『なかい君の学スイッチ』(TBS系)で、地下アイドルの仮面女子として活躍し、フォロワー約116万人の大人気ユーチューバーでもある、神谷えりな(26)が出演。原宿で話題のアイスシェイクを紹介し、その激しすぎる甘さに中居正広(45)らが驚いた。

 今回の放送は“○○好き芸能人が買ってよかったモノ大公開SP”と題し、情報に詳しいゲストたちが最高の一品を紹介していくという内容。神谷は無類のアイス好きで「1日平均3個、最高で10個食べている」と明かし、“アイスまみれ”の自宅を公開することになった。まず、冷凍庫をチェックするとアイスが合計32個も入っていて、神谷は「アイスはいつでも食べられるし、賞味期限とかないから、(大量に)入れといても何の問題もないんですよ」と熱弁を振るい、「だからこれは入れるでしょ、冷凍庫に。買っとくでしょ」と、スタッフに同意を求めるように語った。

 続いて、神谷のこだわりの食べ方を2つ紹介することに。1つ目はロッテの“爽”を容器に移し、フルーツグラノーラを混ぜて食感を倍増させる食べ方で、神谷は「爽のシャキシャキ感が残っていて、フルグラに入っているドライフルーツたちが冷たさによって、ちょっと噛み心地が変わってくるんですよ。朝食にピッタリ」と説明。2つ目は森永乳業の“ピノ”を舌と上アゴで押して食べるという方法で、神谷は「チョコが溶けていくうちにバニラと絡んで。あと、板チョコのパリッと感も残っているから、最後に歯で噛むと最高においしい」と説明した。

 また神谷は、クッキーとアイスの組み合わせが最高においしい「本当に買ってよかったモノ」として、甘い物好きに最近評判の原宿のクッキー専門店「クッキータイム」の、“バニラ&チョコレートクッキーシェイク(800円)”を紹介し、スタジオで試食することに。中居は、砕いたクッキーとチョコアイスがのったシェイクを見て「うわ〜。なんじゃこれ? ぬか漬けだよ」と驚いた。そして、ゲストの博多華丸(48)は太めのストローで一口吸うと「甘か〜!」と絶叫しながら身悶え。中居は「外国の甘さね」と激甘レベルを表現すると、「みそラーメンが食べたい」と泣きそうな顔で言って、スタジオの笑いを誘っていた。

「クッキータイムは、ニュージーランドでは知らない人はいないというクッキーのお店で、2013年に原宿にオープンしました。その本場の甘さに、日本人だけでなく海外からも客が訪れ、クリームがたっぷりのサンデーやシェイクが大人気ですよ」(グルメライター)――出演していた甘いもの好きで知られる川田裕美アナウンサー(34)も絶賛していました!

あわせて読む:
・中居正広「30年“口パク”やってる」衝撃告白もスタジオ爆笑!?
・中居正広も驚愕! ココイチに「5辛と3甘ミックス」の注文裏ワザ
・中居正広と稲垣吾郎が“ミラクル共演”!? 『ザ!世界仰天ニュース』に大反響