片山晋呉、テンガロンハットをエサに大河女優・Oの連絡先を取得

 プロゴルファーの片山晋呉(45)の評判がガタ落ちだ。

 5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦で、同組の招待客の相手をせず、自分の練習をするなど不適切な行動をしたため、招待客が激怒。プレーの続行を放棄したという。日本ゴルフツアー機構はこの問題を極めて深刻と受け止め、6日、片山の処分を検討すると発表した。

 片山のトッププロとは思えぬ“非紳士的”な態度は関係者の間で話題になっていたようで、それが日に日に明らかになっている。8日、タレントの大桃美代子(53)は自身のブログを更新。10年前のプロアマで一緒にラウンドしたという片山の印象について「顧客満足度はあげていなかったのではないでしょうか?」と苦言を呈し、楽しみにしていたプロアマ戦で、片山の横にはクラブメーカーがつきっきりで、片山が終始クラブチェックをしていたことを明かした。

 またプロアマ戦の経験が豊富だという野球解説者の金村義明氏(54)は、8日に出演した情報番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、「女子はスポンサーを大事にしなさいという教育が行き届いていたので今がある」と男子ゴルフにダメ出し。続けて「男子はスポンサーとの距離が違う」とした上で、「“プロアマに出たくない”という選手もいて、その急先鋒が片山だった」と指摘。「(片山には)協会トップも“プロアマ出ないなら試合に出さない”とまで言っていた」と説明した。

■大河女優・Oの電話履歴に片山晋呉の名前が…

「不愉快ゴルフはゴルフ好きの間ではおなじみで、悪評も多いですが、女性関係もまた“ワガママ”だと有名です」(芸能誌記者)

 ともにラウンドしたこともあるという記者は、ある忘年会のパーティで目撃した片山の行動に驚いたという。

「パーティに片山さんは出席せず、ビンゴ用にトレードマークのテンガロンハットを提供していました。しかし、会場にNHK大河ドラマにも出演した女優のOが来ると聞いて、急きょ、ツアーの入り日を遅らせて参加しようとしたんです。九州ツアーの直前だったのでかなり意外な行動でした」(前出の芸能誌記者)

 Oの長年のファンだという片山はパーティへの参加を試みるが、スポンサーとの会合をキャンセルできず断念。しかしOへの思いは諦めず、片山は出席者に頼みこみ、電話番号をゲットさせる剛腕ぶりを発揮したという。

「後日、Oが出演したバラエティ番組で、電話の履歴を公開するコーナーがあったのですが、履歴に片山さんからと思われる着信が残っていました。Oが“この話はマズイ”と大慌てでしたから、“関係”を持ったと考えて間違いないでしょう」(同)

 ホールの中でも外でも悪名高い片山晋呉。19番ホールでの暴れん棒も相当なのか?

あわせて読む:
・ゴルフ界の新アイドル・三浦桃香、アン・シネ超えの「才色兼備」
・錦織圭が3位!「恋人にしたい男子スポーツ選手」ランキング
・羽生結弦、CHEMISTRYとの“生歌コラボ”に称賛続々!「相性バッチリ」