鈴木亮平
鈴木亮平

 関ジャニ∞錦戸亮(33)が本格的に登場し、注目度も急上昇している大河ドラマ西郷どん』(NHK)。「寺田屋騒動」と題された6月17日の放送は、歴史上の事件がリアルに描かれ、歴史ファンもグッときたのではないだろうか。主人公である西郷吉之助役の鈴木亮平(35)も、SNSで「僕としては涙無しには観られない回になりそうです」とまで語っていた壮絶な回を振り返ってみよう。

 西郷吉之助は、国父である島津久光(青木崇高/38)の命を破り、下関から京へ上った。久光はひどく怒り、吉之助を切腹に処すことを決める。これを受け、大久保一蔵(瑛太/35)は京に行き、吉之助を叱責して刀を向ける。他の薩摩藩士たちも集まり切迫したムードになるが、吉之助はここで彼らを川に連れだし、共にうなぎ捕りをすることを提案。一同はかつて川で一緒に遊んだ昔を思い出し、うなぎを追いかけ回すのだった。その後、吉之助は捕縛され、島流しの刑に処せられることになる。一方、久光による藩内の勤王倒幕派への弾圧が進み、有馬新七(増田修一郎/37)や西郷信吾(錦戸亮)ら志士たちは、京都、伏見の寺田屋に集結。大山格之助(北村有起哉/44)らがこれを説得しようとするが、ついには刀が抜かれ、悲壮な斬り合いが始まってしまった……という展開だった。

『西郷どん』始まって以来の激しい戦闘シーンだった。これを見て思ったのが、実は“バトルシーン”こそ『西郷どん』の真骨頂では、ということ。斬り合いが始まる前のシーンではBGMがカットされ、張り詰めた緊張感を表現していた。また実際に斬り合いに参加しなかった信吾目線で描くことで、寺田屋で起きた惨劇をリアルな事件として映し出すことにも成功。これらの凝った演出は、今後の戦いのシーンでも要注目じゃないか!?

  1. 1
  2. 2