『ポプテピピック』制作「神風動画」社長が「太っ腹すぎる!」と大人気の画像
※画像はテレビ東京系『Youは何しに日本へ?』番組公式サイトより

 6月18日に放送された『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)で、アニメ『ポプテピピック』(TOKYO MX他)の制作会社「神風動画」が登場。社長の水崎淳平氏の神対応に、ネットが大盛り上がりとなった。

 この日の放送に出演したジンバブエ人の映画監督、タテンダ氏は、映画の登場人物がアニメスタジオで働くシーンを撮影するために来日。撮影の提携先を探しに、映像ビジネスの商談展が開催されている東京ビッグサイトへ向かうことに。

 1社目に訪れた会社で、タテンダ氏は映画の予告編を見てもらい、アニメスタジオでのシーンを撮影するためのお願いをするも、結果はNG。その後もさまざまな会社に交渉したが、なかなかOKをもらうことができなかった。しかし「神風動画」で直談判すると、水崎社長は「別に問題ないですけどね」と快諾。7社目にしてようやくOKをもらうことに成功した。

「神風動画」は、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のOP映像や、ゲーム『星のドラゴンクエスト』のOP映像を手がけた2003年設立のアニメ制作会社。2018年1月から放送された『ポプテピピック』を手がけ、また15日から公開となった映画『ニンジャバットマン』のアニメーションも担当している。

 水崎社長は、なぜタテンダ氏の申し出を受けたのかと、スタッフから問われ、「たぶん他のスタジオさんは、みんな断ると思ったんで」「助けてあげなきゃって」と返答。その後、撮影は無事に終了し、タテンダ氏は、映画が完成したら送ることを社長に約束してスタジオを後にした。

 番組を見ていた視聴者は、「撮影を軽く了承するとかすごい人だわ。こんな人達だから『ポプテ』とか『ニンジャバットマン』とか出来たんだな」「神風動画さまの社長さまイケメンすぎない!?」「すごい太っ腹すぎる!」「助けてあげなきゃって社長めっちゃ神だわ」「速攻で撮影を承諾してくれるとかいい人すぎ」といった反響が起こっている。

「“神風動画”は『ジョジョ』や『ポプテピ』で一気に知名度を上げましたが、アニメ、ゲーム業界ではめずらしい“ホワイト”な企業だと、たびたび話題になります。残業は原則禁止、社員は定時で帰らせることを指導しているという社長のスタイルは、若い世代にウケていて、ネットでの人気の理由の一つです。どんなスタジオか気になっていた人は多いのでは」(アニメ誌ライター)

 突然の撮影依頼を快く了承した水崎社長。太っ腹な姿勢が、スタジオ成功のカギなのかもしれない。現在公開中の『ニンジャバットマン』も大ヒットしそうだ。

※画像はテレビ東京系『Youは何しに日本へ?』番組公式サイトより

あわせて読む:
・菅田将暉も参加決定、『僕のヒーローアカデミア』の“豪華すぎる”楽曲提供アーティストたち
・『家、ついて行ってイイですか?』、“るろ剣歌手”登場に「懐かしい」と大反響