山崎賢人
山崎賢人

 いよいよ7月スタートの夏ドラマが始まった。どの作品も豪華なキャストがそろっており、出演男性俳優たちは、注目の若手から実力派まで、あらゆるイケメンが勢ぞろい。そこで今回は、夏ドラマに出演する「20~30代の“若手イケメン俳優”で、恋人にしたいのは?」を、20~30代の未婚女性200人に聞いてみた。

 まず同率で第5位(6%)だったのは、風間俊介山田孝之佐藤健の3人。風間は、波瑠主演で土曜22時のドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)に出演。出版社を寿退社した日に、恋人から婚約破棄されてしまった女性(波瑠)が、編集長から復職の条件として「婚活の体験談を連載にすること」と言われ、婚活に挑むコメディドラマ。風間俊介は一方的に婚約破棄を突きつける身勝手な恋人役を演じる。風間といえば、演技だけでなくトークにも定評があり、現在バラエティ番組でも活躍中。派手さはないが、その演技力に票が集まったようだ。

 山田孝之は、金曜23時15分から放送される『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系)で、菅田将暉と共に主演を務める。死後に残された、他人に見られたくないデジタルデータを抹消する仕事を請け負う二人が、さまざまな問題に巻き込まれる物語で、山田は車椅子生活を送る、プライドが高いプログラマー役。「カメレオン俳優」と呼ばれ、演技にも定評のある山田孝之だが、最近はインスタグラムで見せる、おちゃめな一面も人気となっている。このドラマで、どんな顔を見せてくれるのか楽しみにしている人が多いのかもしれない。

 もう一人の佐藤健は、綾瀬はるか主演で火曜22時放送の『義母と娘のブルース』(TBS系)に出演。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマンが、竹野内豊演じる娘持ちの男性からプロポーズされて結婚し、母親になるため家事や育児に奮闘するホームドラマだ。佐藤健は、主人公一家に波乱を呼び起こすダメ男役で、物語のキーマン的存在。約3年ぶりの民放連ドラ出演となる佐藤だが、現在放送されているNHK連続テレビ小説半分、青い。』でヒロインの幼なじみを好演していることも、今回の結果に影響したのかも?

  1. 1
  2. 2