滝沢秀明と櫻井翔が不仲をキスで解消! 三宅健「YOUたち、キスしちゃいなよ」のひと声で

 7月19日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、滝沢秀明(36)とV6の三宅健(39)が出演。滝沢とMCを務める櫻井翔(36)との間で噂されていている、“不仲説”を解消するための三宅の“ひと言”がファンを歓喜させた。

 この日、滝沢秀明と三宅健は新ユニット、KEN☆Tackey(ケンタッキー)として登場。番組内では以前から、滝沢と櫻井翔の“不仲説”が物議を醸しているため、今回は“タッキー派VS櫻井派ここがすげぇぞ! ウチのアニキ”と題して、滝沢、櫻井を慕う後輩たちの「ウチのアニキ、ココがスゴい!」という証言を紹介。23年来の確執に決着をつけ、どちらが次世代ジャニーズを束ねていくのに、ふさわしいか決めることになった。

 タッキー派は嵐の相葉雅紀(35)、Kis-My-Ft2の北山宏光(32)、Snow Manのメンバーが証言。一方、櫻井派はKAT-TUNの上田竜也(34)が、一人だけで熱いエピソードを披露した。そして、MCの有吉弘行がどっちが“スゴいアニキ”か決める役割として三宅を指定すると、三宅は勝者は滝沢だと判定。スタジオに納得の拍手が起こると、有吉は「仲良くしてほしいんですよ」と、二人に確執の収束を求めた。

 すると三宅健は、先ほど北山宏光が披露した「後輩同士の関係がギクシャクすると、滝沢はすぐに察知。面と向かって話ができる場を作り、お互いの本音をぶつけ合ったあと、滝沢が“キスしちゃいなよ!”とアドバイスすると、なぜかわだかまりがなくなる」という、“滝沢キッス”エピソードから、滝沢秀明と櫻井翔の確執をなくすべく「YOUたち、キスしちゃいなよ」とむちゃぶりした。

 そんな“三宅裁き”に「ちょいちょいちょい」「なんで?」と動揺する滝沢秀明と櫻井翔だったが、出演者だけでなく取材に来ているテレビ誌のカメラマンたちが見守る前で、「これからもよろしくね」「お願いします」と言葉を掛け合うと、「チュッ」とキス。スタジオに歓声が上がる中、滝沢と櫻井は「すごい近くなった、なんか」と、和解を喜ぶような笑顔を見せ、有吉は「ついに(二人の)溝は埋まりました!」と宣言した。

「滝沢と櫻井のキスに、ネットでは“夜会見て泣いた。健くんタッキー櫻井くんありがと”、“今日の夜会は神回!”などと、歓喜のコメントが相次ぎました。しかし、一方では、和解したと見せかけて不仲ネタは継続するのではと、深読みするコメントもありました」(アイドルライター)――ファン心理は複雑!?

あわせて読む:
・山田涼介と中島裕翔も…ジャニーズ「過去の不仲」告白
・弘中綾香、伊藤綾子、小川彩佳など、人気女子アナの“ビッグな恋愛報道”
・街角の猫ちゃんモフキュン写真館【ぼっち編】