出川哲朗
出川哲朗

 昨年始まった、初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)が好調な、お笑いタレントの出川哲朗。ほかにも彼の大ブレイクのきっかけとなった『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など、多くのバラエティ番組で活躍し、テレビで見ない日はないというほど人気だ。リアクション芸人として名を馳せてきた出川だが、その天然ぶりも魅力のひとつ。中でも、ほかの芸人を彼独特のネーミングで呼ぶことは有名だ。

 一番知られているのは、映画の専門学校時代からの盟友、ウッチャンナンチャン内村光良の呼び方。出川哲朗だけ内村を「チェン」と呼んでいるのだ。なんでも内村がジャッキー・チェンに似ていたことからこの呼び名がついたというが、今でもテレビ番組で「チェン」と内村に親しげに話しかけるシーンはよく見かける。出川の愛嬌ある人柄と、内村とのつながりをよく感じさせるエピソードだ。

 ほかにもオリジナリティあふれるのが、東野幸治の呼び名で、「ヒガシノリン」と呼んでいる。以前、ラジオ番組『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』(TBSラジオ)で、雨上がり決死隊の二人がこのことに触れていた。実は東野は多くの芸人仲間から「ヒガシノリ」と呼ばれているのだそう。つまり出川哲朗のこの呼び方は、ただの言い間違いのようだ。しかし、それを頑として貫くのが、さすが出川と言ったところか。

 ほかにも出川哲朗しか使わない呼び方として、松村邦洋の「バウワウの松ちゃん」があるが、これはダウンタウン松本人志と区別するためらしい。バカリズムのことは「まこっちゃん」と呼ぶが、これは楳図かずお氏の漫画『まことちゃん』の主人公に髪型が似ているからなど、ユニークな呼び方がやたらに多い。

  1. 1
  2. 2