■ニッポン47都道府県「夏のオススメ食品」

●北海道/ジンギスカン/羊肉は高タンパク、低コレステロール。加えてL-カルチニンを含む。

●青森県/ゴボウ/収穫量全国一。繊維が豊富で腸内環境を整えてくれる。アルギニンを含有する。

●岩手県/真崎わかめ/三陸沖で寒流に揉まれ育つ。緑濃く、肉厚なわかめ。血液をサラサラにするアルギン酸を含む。

●宮城県/フカヒレ/世界一の品質と称される気仙沼産。老化防止効果のコラーゲン、コンドロイチンを含む。

●秋田県/横手やきそば/具の豚ひき肉は疲労回復に良いビタミンB1、アルギニン含有の目玉焼きが乗る。

●山形県/サクランボ/全国1位の収穫量。アンチエイジング、ストレス緩和効果のポリフェノール、フラボノイド含有。

●福島県/会津ニンジン/会津は日本に3か所しかない高麗ニンジンの産地。アルギニンを含む。

●茨城県/納豆/ムチンという成分が精力増強、ナットウキナーゼが血液をサラサラに。生産量1位、消費量2位。

●栃木県/宇都宮餃子/疲労回復、興奮作用もあるアリシンを含むニンニク、ニラが入る餃子は夏のビンビンメニュー!

●群馬県/嬬恋キャベツ/高原野菜の嬬恋キャベツ。免疫力を高めるビタミンC、胃の働きを助けるビタミンUも含む。

●埼玉県/深谷ねぎ/冬が旬だが、夏もおいしい。血行の活性化、疲労蓄積の防止に効果があるアリシンを含む。

●千葉県/鶏卵/茨城県に次ぎ全国2位の生産量を誇る。完璧な食品といわれる栄養価。亜鉛、アルギニンで元気に!

●東京都/東京湾海苔/疲労回復に効果があるビタミンCを野菜、果物並みに含有。東京湾はかつて一大産地で、現在も6位。

●神奈川県/猪肉/丹沢に多数生息する猪の郷土料理。夏バテ防止のビタミンB2は豚肉の2倍以上など栄養満点。

●新潟県/南蛮エビ/甘エビは新潟では南蛮エビと呼ばれる。心臓病の予防や肝機能改善効果のタウリンを含有。

●富山県/とろろ昆布/疲労回復効果のあるヨウ素は食品中トップクラスの含有。消費は全国平均2倍以上で日本一!

●石川県/能登もずく/細く、ぬめりがある。抗がん効果、O-157などの抗菌作用があるというフコイダンも含まれる。

●福井県/サバ/青魚の代表。DHAやEPAなど豊富。若狭のシンボルとも言える食材。

●山梨県/高原野菜/男女とも健康寿命が日本一。その一大要因は地元の高原野菜の摂取量が多いためといわれる。

●長野県/山芋/ムチン、ジアスターゼ、アルギニン成分が精力もアップさせる。3大産地の1つ。

●岐阜県/山岡の細寒天/寒天は「食物繊維の王様」。肥満だけでなく、動脈硬化、大腸がんなどの予防に効果がある。

●静岡県/桜エビ/駿河湾だけで水揚げされる名物。桜色の色素成分アスタキサンチンは優れた疲労予防効果。

●愛知県/一色うなぎ/矢作川の清流が流れる一色町で養殖されるウナギ。ビタミンA、E、DHAの含有量は圧倒的。

●三重県/伊勢ひじき/ミネラルをはじめ栄養素豊富。精力増強の効果。伊勢志摩地域産は有名。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4