大阪桐蔭や横浜高校にドラフトの目玉が! 燃える夏の甲子園「金の卵」選手リスト

 今年は「未来のスター」が大豊作。目の肥えたスカウトをうならせる、光輝く球児たちを一挙に大公開!

 ついに開幕した夏の甲子園。今回は第100回の記念大会とあって、出場校は56校と過去最多。秋のドラフト会議でプロに指名されるであろう有力選手たちも多数出場している。中でも、スカウト陣からのひときわ熱い視線が注がれているのは、“スター軍団”大阪桐蔭高だ。「これまでも桑田真澄清原和博を擁したPL学園など、複数のドラフト候補を抱える高校はありました。しかし、今年の大阪桐蔭はケタ違いで、“各ポジションにドラフト候補がいる”とまで言われるほど。こんなに粒ぞろいのチームは史上初でしょう」(高校野球を取材し続けてきたベテランのスポーツ紙記者)

 そんなチームにあってドラフト1位指名、さらには競合も間違いなしと、圧倒的な評価を受けているのが、投手の根尾昴だ。彼の運動能力は、幼少期からズバ抜けていた。小学生で、すでに128キロのストレートを投げ、中学時代にはアルペンスキー大会で全国優勝したことも。また学業成績も優秀で、成績は常にオール5。医者の両親は、医学の道に進ませたかったようだ。しかし根尾は野球を選び、猛者の集まる大阪桐蔭に進学。1年生でベンチ入りを果たすと、今では投手、遊撃手をこなす「二刀流」として、チームを支える中心選手となった。最速148キロのストレートとキレのあるスライダーを武器とする投手として、春のセンバツでも大活躍したが、専門家はまた違う見方をしているようだ。「ソフトバンクの王貞治会長が“打撃を生かして野手に専念すれば向こう15年、遊撃手はいらなくなる”と、根尾の素質をベタ褒めしていたんです。どうやらプロの評価は、投手よりも野手・根尾のようですね」(前出のスポーツ紙記者)

 そして大阪桐蔭にはもう一人、ドラ1候補がいる。高校ナンバーワン打者との呼び声も高い、外野手の藤原恭大だ。彼は高校入学後、1年生でレギュラーをつかむと、2年生春のセンバツ決勝で2本の本塁打を放ち、優勝に貢献した。高校生離れしたバッティングセンスもさることながら、藤原にはさらに非凡な点がある。「藤原は守りも超高校級なんです。外野の守備範囲が広く、難しい打球の処理もうまい。打つだけの選手ではないので、将来が楽しみですよ」(プロ球団関係者)

 この2人のドラ1候補以外にも、大阪桐蔭には逸材がズラリ。「投手ではエースの柿木蓮と大型左腕の横川凱、野手では強肩捕手の小泉航平、他チームなら4番を打てる山田健太、天才的な打撃を見せる中川卓也といったところが、プロの指名を受けるともっぱらです」(スポーツ紙デスク)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5