意外?納得?「女性が降りたことがない」山手線の駅、第1位は!?

 首都圏で、通勤をはじめとする移動に欠かせない公共交通インフラといえば、電車だ。中でも、東京都心をグルっと一周する山手線は、毎日たくさんの人が利用している。駅の数は29駅あり、路線距離は34.5キロ。東京駅や品川駅、渋谷駅、新宿駅といったターミナル駅もたくさんあるので、都民ならずとも東京へ来たことがある人なら、一度は利用したことがあるのではないだろうか。

 日本で最もメジャーともいえる山手線だが、29駅それぞれの乗降客はどうなっているのだろうか。日々山手線を利用している人でも、一度も利用したことがない駅があるかもしれない。そこで今回は、都内在住の30~40代の女性200人に「一度も降りたことのない山手線の駅」について聞いてみた。

 第5位(36.5%)には「大崎駅」と「目白駅」が同率でランクインした。

 大崎駅は品川区にある駅で1日平均乗車人数は年々増えている。2017年度における1日平均の乗員人数とJR東日本エリア内の同ランキングでは、16万4876人で16位。近年はタワーマンションもたくさん竣工しているが、ビジネス色が強く、通勤以外で使わない人が多いのかもしれない。

 他方、目白駅は豊島区にある、山手線電車のみが停車する駅だ。1日平均の乗員人数は3万8179人で、JR東日本でのランキングは100位圏外。高田馬場駅と池袋駅というターミナル駅に挟まれていることから影が薄いのだろうか。学習院があることから、ハイソなイメージが漂い、高級住宅地も多い。通学では利用されそうだが、あまりビジネスやプライベートで利用されないのか。そもそもリッチな目白民は、電車には乗らないのかも!?

  1. 1
  2. 2