保険見直しに納税の裏技まで「1か月で10万円儲ける」超得“錬金術”の画像
保険見直しに納税の裏技まで「1か月で10万円儲ける」超得“錬金術”の画像

「生きてるだけで丸儲け」とは明石家さんまの座右の銘だが、生きてるついでに“ひと工夫”を加えれば、なんと、1か月で10万円も儲けることが可能なのだ。

「節約というと、面倒なことばかりだろうと思われるかもしれませんが、つらいと思う節約術は一切、オススメしていません」と言うのは家計再生コンサルタントの横山光昭氏。

 まず横山氏が推奨するのは、携帯電話の切り替え。携帯を替えるだけで、節約できる仕組みはこうだ。

 携帯電話で通話やメールをするにはSIMカードというICチップが必要。これまでなら、たとえばNTTドコモからauへ乗り換えた場合、携帯端末に挿し込むSIMカードが携帯会社と紐付いていたため、ドコモで使っていた端末はauで使えなかった。

 しかし、携帯会社にSIMロック解除が義務化され、その手続きさえすれば、新たに携帯電話の端末を買わずとも、これまでの端末を使用したまま格安携帯(格安SIMとも言う)の会社と契約できるようになった。格安SIMを提供する会社は、テレビCMでおなじみのUQモバイルなど、大小合わせて500社以上もある。

「お使いの携帯端末を持って家電量販店の格安SIMコーナーへ行き、相談してみてください。既存の携帯会社には“2年縛り”などの契約条項がありますが、そのペナルティを払っても、多くの場合、元が取れます。月額8000円かかっていた携帯代が、2000円以内まで節約できるようになるはずです」(前同)

 格安SIMでは、通話料の定額かけ放題のサービスは大手に比べて薄いが、携帯で電話をかけまくるユーザーの場合でも、ラインなどの無料通話を使うなどの工夫でカバーできる。家族4人で切り替えたケースで、毎月の通信費が2万4000円節約できるという。

 また、意外と節約効果が高いのが「節水シャワー」。通販でも買え、シャワーヘッド部に取りつけるだけ。

「シャワーはお湯を使うので水道代のみならず、ガス代も節約できます」(同)

 家族構成にもよるが、年間の節約効果は3万708 1円(月額3090円)という試験データもある。光熱費関連では、電気とガスをセットで申し込むとセット割引が適用され、2万4000円(月額2000円)程度お得になる勘定。

 次に、自家用車の買い替えを検討しているならば、エコカーにしてみよう。国土交通省が定める平成32年度燃費基準+50%以上を達成している新車なら、買った際にかかる自動車取得税と初回の車検時にかかる重量税は免税となる。

 東京在住で、もう車には乗らないという70歳以上の人なら、東京都の窓口へ行ってシルバーパスを発行してもらうのも手。条件つきだが、1000円で都バスや都営地下鉄が乗り放題。

  1. 1
  2. 2