Kis-My-Ft2宮田俊哉の“クズ発言”に批判殺到!「ちょっと言いすぎ」

 9月2日放送の『逃走中~上野アメ横妖怪伝説~』(フジテレビ系)に、Kis-My-Ft2の宮田俊哉(29)が出演。自らの失敗を他人のせいにして、視聴者から「見苦しい」とのツッコミの声が上がった。

 この日は、上野のアメ横商店街を舞台にした『逃走中』が放送された。さまざまな芸能人たちが、100分間“ハンター”の追跡から逃れられるかに挑戦。開始早々、ハンターが宮田と森崎ウィン(28)の周辺に接近した。いち早くハンターを発見した宮田は、森崎とともにハンターから遠ざかる。

 その途中で森崎は「こっちクリーン(安全)です!」と宮田に声をかけ、「そんなの行くしかないじゃないですか!」と助言を信じて移動を開始した。

 すると、逆方向からやってきた別のハンターが、宮田を発見。宮田は必死に逃亡をはかったが、あえなくハンターに捕まった。

 開始10分も経たないうちに失格となった宮田は、「森崎くんに“安全なところがある”って言われて行ったんですよ」「そしたらハンターがいたんですよ」と言い訳。

 さらに宮田は「もしかして、俺(ハンターに)売られた ?」「ちょっと1回森崎くんとお話したいっすね!」と、森崎に意図的にはめられたと言わんばかりの発言を続けた。

 その後、宮田は牢獄にいるメンバーにも、自分が捕まったのは森崎のせいだとアピール。それを聞いたサバンナ高橋茂雄(42)は、「森崎ウィンくんはそんなことしないよ」と信じなかった。

 そんな宮田俊哉の言い訳に、多くの視聴者がモヤモヤしたようだ。ネットでは「逃げ切れなかったのは自分のせいだし、森崎くんのせいにするのはお門違い」「さすがにこの発言はないわ」「見てて普通に不快だった」「こういう何でも人のせいにするやつ、クラスに1人はいた」「宮田くんファンだけど、ちょっと言いすぎだと思う」「すがすがしいまでのダメっぷり」など、宮田の言動を疑問視する意見が多数上がっていた。

「ずっと森崎ウィンへの恨み節を漏らしていた宮田俊哉ですが、そんなことを知らない森崎は、宮田のために危険を犯して“復活カード”を獲得。見事、宮田を牢獄から復活させることに成功しました。手のひらを返して森崎の健闘をたたえた宮田に対し、森崎は“めっちゃ良い人”と、素直に喜んでいましたね」(テレビ誌ライター)――オンエアを見た森崎は、何を思ったのだろうか。

あわせて読む:
・『10万円でできるかな』、宮田俊哉の起こした“ミラクル”に騒然 「運が強すぎる!」
・裏番組も堂々完コピ!?『水曜日のダウンタウン』のパロディ企画の数々
・スピルバーグも認めた注目株・森崎ウィン、主演作の舞台挨拶で“世界に通用した言語センス”をアピール