永野芽郁
永野芽郁

 連続テレビ小説半分、青い。』(NHK)が終わったが、ヒロインの鈴愛を演じる永野芽郁(19)の好演はもちろん、準主役の律を演じた佐藤健(29)の高い人気もあり、半年間、ずっと話題になったドラマだった。実際の出演者たちは『半分、青い。』の撮影に、どのような思いを持っていたのか調べてみた。

 まずは“ほぼ主役”と言っていいほど、ドラマに出ずっぱりだった律役の佐藤健の声から。佐藤はフォトブックの『佐藤健 in 半分、青い。』(東京ニュース通信社)の発売イベントで、『半分、青い。』の撮影中に違う映画も撮っていたという裏話を語り、「その間に鈴愛は他の人と結婚していました(笑)」とコメントした。これは9月21日にゲスト出演した『あさイチ』(NHK)でも言っていたので、よほど鈴愛の結婚に思うところがあったのだろう。

 また、佐藤健はイベントで「終わったときは寂しかったです」とも話していた。『義母と娘のブルース』(TBS系)でも演技が評価された、超売れっ子俳優をしてそう言わせるとは、律が佐藤健にとっていかにはまり役だったか、そして朝ドラがいかに偉大なのかを思い知らされる。

 続いて、鈴愛と結婚した涼次役、間宮祥太朗(25)の声に耳を傾けてみよう。間宮は9月10日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で朝ドラについて「一番違うなと思ったのが、1週間撮影するリハーサルを全部月曜日にするので、月曜日の雰囲気が毎週、全然違うんですよね」と発言。歴史あるドラマ枠ならではの難しさを語っていた。放送では鈴愛に大きな影響を与えた広告マン、津曲を演じた『しゃべくり007』のレギュラー、くりぃむしちゅー有田哲平(47)と朝ドラトークに花を咲かせていた。

  1. 1
  2. 2