井上裕介(NONSTYLE)
井上裕介(NONSTYLE)

 9月30日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、NON STYLEの井上裕介(38)が登場。女優の吉岡里帆(25)に、セクハラまがいの行動をして、ネットで批判を浴びたようだ。

 この日の番組は「私が会いたい人、会いたくない人スペシャル」と題し、ゲストの吉岡は“会いたい人”として、フルーツポンチの村上健志(37)を指名した。その理由は、吉岡がたまたまSNSを見ていたときに、吉岡のモノマネ動画を上げていた村上を発見。それをきっかけに村上の“カッコつけ芸”がクセになり、今ではドハマリしてしまったと説明した。

 すると村上は、一夜限りのスペシャルユニット「カッコつけJAPAN」を結成し、スタジオに登場。村上の他、トレンディエンジェル斎藤司(39)、NON STYLEの井上裕介、狩野英孝(36)らを引き連れてきた。

 その後、カッコつけJAPANのメンバーは、「疲れている吉岡里帆をカッコよく励ます」という設定で小芝居を披露することに。吉岡が「あーなんか元気でないんだよなぁ~」とつぶやいているところに、井上が登場。吉岡が座るベンチの後ろに立つと、背後から吉岡の肩に手をおいて、耳もとで「里帆……」とささやく。

 そして井上は「愛してるよ」と言いながら、いきなり吉岡をバックハグ。これに驚いた吉岡は「やめてー!」と悲鳴を上げて逃げ出し、「怖い、怖い」と連呼しながら、ドン引きしていた。

 こんな井上裕介のセクハラ寸前の暴挙に、視聴者からも批判が殺到。ネットでは「井上ヤバすぎ! 炎上に気をつけて」「ノンスタ井上に殺意を覚えたのは言うまでもない……」「井上が吉岡里帆に抱きついたことにガチ引き。ほんまキモいわ~」「ノンスタ井上が後ろから抱きついて炎上しそうと思ってたら、やはり炎上してた」など、井上の行為に怒りを覚えるファンも少なくなかった。

「NON STYLEの井上裕介は、過去にも女性芸能人にセクハラ寸前の行為をして、批判を浴びています。2014年には、お笑いライブのゲストとして登場した女優の有村架純(25)の両腕をつかみ、相方の石田明(38)に引き離される一幕がありました。また、16年にはタレントの岡田結実(18)と映画の試写会イベントに出席し、井上は“きれいや。でも先輩の娘さんなので気を遣う”と言いながら、岡田に抱きつこうとしました」(芸能誌ライター)――いくらネタでも、相手が本気で嫌がったらアウト!?

あわせて読む:
・ノンスタ井上、姑息な“口説きテク”に視聴者失笑!?
・吉岡里帆の“彼氏の母親”への態度に、TOKIO驚嘆
・フジテレビのワンガン夏祭り「ショーパン着用」命令に、全女子アナが「セクハラ!!」と大激怒騒動