半年、1年に1回という人も!? 単身女性「掃除の実態」
※画像はイメージです

「掃除」「洗濯」「料理」の三大家事は、実家にいるときは親任せでよかったかもしれないが、一人暮らしになるとそうはいかない。料理はお総菜を買ったり、洗濯はクリーニングを使うことで、ある程度の手間は省ける。また、どちらも必要に迫られればやらないわけにはいかず、多かれ少なかれやっている人がほとんどだろう。

 しかし、部屋の掃除となると、しなくても何とかなる……と考える人もいるようだ。ここでは、10~30代未婚女性100人を対象に、「自分の部屋を掃除する頻度」について聞いてみた。すると、衝撃の結果が明らかに!

 最も多かったのは、「週に1回」(19.0%)という答えだった。この年齢の一人暮らし未婚女性であれば、会社員やアルバイト、パートなど、働いている人がほとんどだろう。平日に掃除をしている余裕はなかなかないため、週末にするという人も多い。これは、一人暮らし男性でも同じようなサイクルだと思われる。

 時間は15分~30分ほどで済ませる人が多く、掃除方法はだいたいが「掃除機を使う」という答えだった。「掃除機を使って30分ぐらいで掃除する」(29歳/総務・人事・事務)、さらに丁寧に掃除をする人は「掃除機とクイックルハンディとクイックルワイパーを使ってて30分ぐらい」(31歳/コンピュータ関連技術職)、「掃除機とハンディモップとぞうきんで1時間ぐらい」(34歳)と、そこそこ時間をかけて掃除しているようだ。

 次に多かったのは「毎日」(16.0%)掃除するという人たち。毎日掃除するとは、なかなかのきれい好き。掃除方法も、掃除機や床用のワイパー、コロコロなど、複数のツールを駆使しているようだ。

 ただし“毎日念入りに掃除派”と“毎日だからこそパパっと済ます派”に分かれているようで、「ごみ取りのローラーを転がしてほこりを取る。さらに気になる場合は、アルコールティッシュで拭きあげる。細かい部分はガムテープで軽く拭くように取る」(26歳)、「掃除機とコロコロ、クイックルワイパーを使用し、ゴミが気にならなくなる程度に掃除する」(23歳/学生・フリーター)という答えがあれば、「掃除機で5分くらい」(38歳)、「ティッシュで5分」(30歳/金融関係)と、二極化しているようだ。

 次に「2~3日に1回」(13.0%)という人たち。少しホコリが目立ってくるくらいで掃除をしようといったところか。「掃除機とクイックルとコロコロと激落ちくんとぞうきんを使って、1時間ぐらい掃除する」(19歳/学生・フリーター)、「モップと掃除機で2時間くらい」(24歳/学生・フリーター)とこちらも念入り派はいるようで、「クイックルワイパーで済ます」(39歳)、「掃除機で30分」(36歳/総務・人事・事務)という手軽でOK派と二分した。

  1. 1
  2. 2