長嶋一茂
長嶋一茂

 朝の情報番組から、ゴールデンのバラエティまで、今やテレビ界を席巻する超売れっ子タレントとなった長嶋一茂(52)。

 長嶋茂雄(82)の長男として、一般とは違った家庭で育った「仰天エピソード」を披露することが多く、9月25日放送のバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)では、「寿司屋に行ったとき、寿司は3貫しか食べない」という独自ルールを告白。「それでよろしかったら行きます」と寿司店に事前に連絡し、そのうえ口に合わない場合は即帰宅すると断言した。

「さらに番組では“HAWAII(ハワイ)”を“ハワツー”、“北海道”を“きたかいどう”
と読むとマネージャーに暴露され、“これみんなやるでしょ、ハワツーでしょ”と逆ギレしていました。この日の『スカッとジャパン』もネットで好評でしたが、実は各局、長嶋一茂がすっとんきょうなキャラを爆発させるほど視聴率が跳ね上がっているんです。一茂をキャスティングするためだけの企画が通るほど、彼はバラエティにはありがたい存在なんです」(放送作家)

 平成最後にあらわれた“新・視聴率男”だが、予想外の発言や行動は作り物ではなく、カメラが回っていないところでも地続き。現場のスタッフたちは頭を抱えているという。

■長嶋一茂をキャスティングするための2つのルール

「実は、一茂をキャスティングするにあたっては、一茂の出す2つの条件をクリアしなければならないそうなんです。スタッフにとってはそれがけっこう面倒らしくて……」(前出の放送作家)

 その“条件”の一つ目は「現場に入ったら、まず、テレビ局の社員にあいさつに来させる」というもの。

「現在のテレビ界では、番組の制作はほとんど下請けの制作会社のスタッフが行なっています。番組によっては、局の社員は現場に一人いるかいないか、というものもある。収録のたびに、一茂の入りの時間に合わせて、局の社員が必ず待機しなければならないという状況になっているそうです」(前同)

 さらにもう一つの条件は、「一茂にカンペは出さない」というもの。

「根っからの自由人である一茂は、発言に制限が加えられることが我慢できないというんです。自由な発言が人気ですが、番組としては発言をまとめたいタイミングも当然ある。“そろそろ次に”ぐらいのカンペは出したいと思うのですが、それが一茂との収録のときはできないんだそう。出そうものなら、“俺にカンペを出すな!!”と怒るそうですよ」(同)

 番組に関わるスタッフからは嘆きが聞こえそうな長嶋一茂のマイルールだが、それも大物の証か。既存の番組作りをするスタッフは、一茂の“常識”にとまどっているようだ。

あわせて読む:
・小倉智昭がついにクビ! フジ『とくダネ!』来年3月で打ち切り決定情報“独占入手”
・石田ゆり子「更年期障害」だけじゃない、アラフィフ美女を苦しめるさらなる地獄
・“ポスト水卜麻美”尾崎里紗アナ「パン異常爆買いカフェ大渋滞」事件