高橋由伸辞任で、巨人軍監督は原辰徳…「暗闘」全舞台裏
写真はイメージです

 突きつけられた宣告に若き指揮官は何を思うのか――。驚愕のプランに秘められた球団首脳の真の狙いは!?

 2018年10月4日、球界を激震が襲った。巨人の高橋由伸監督が成績不振での辞任を発表したのだ。その後任として、原辰徳監督が3度目の返り咲きを果たすという情報に、球界は騒然となった。「由伸は就任3年間で、一度も優勝はなし。昨年はBクラスで今年は負け越しという成績は惨憺たるものです。しかし、この人事はどんでん返しもいいところ。しかも、二重、三重にもね……」(ベテラン記者)

 事実、巨人軍トップで、読売グループ内でも渡邉恒雄主筆に次ぐナンバーツーの地位にある山口壽一オーナーは、9月12日の時点では続投承認と思える発言を残していた。岡本和真、吉川尚輝らの活躍は由伸監督が起用してきた結果と語り、「十分にチームを整えて監督には腕を振るってもらいたいなと、私は考えている」と述べていたのだ。

 しかし事態は急転直下、監督交代となったわけだが、当初、由伸監督の後任として出た名前は、まったく違うものだった。「後任は、川相昌弘二軍監督が昇格。GMに前DeNA監督の中畑清。川相監督=中畑GMという体制で来季はいく、という形で一度はゴーが出たんだが……」(球界事情通)

 不振は編成部門の責任として、現職の鹿取義隆GMを解任。中畑新GMのもと、スカウト、国際部、スコアラー部門などの改革をする手はずだったという。川相監督については、山口オーナーは以前から高く評価しており、「3年前に原が退任し、由伸が就任した際も“川相はどうか”と推していた。原監督時代、川相はヘッドとして阿部慎之助ら主力選手をビシビシ叱るなど、山口さんの求める厳しい指導者という条件に合っていたからね。だが、3年前はスター性を重視するナベツネさんの意向で由伸になったんだ」(前出のベテラン記者)

 今季も川相二軍監督は、独走でイースタンリーグを制覇。その手腕もあり、ついに一軍監督かと思われたが、わずか数日で、またも事態はひっくり返る。「結局、“後任は原で一本化”と方針が変わったんです。3回目の就任は巨人ではこれまで例がありませんが、過去2回の就任期間12年間で、リーグ優勝7回、日本一が3回と実績は申し分ない。チームの立て直しには最適だと思います」(スポーツ紙記者)

 その裏には、切羽詰った球団の事情があった。「原監督時代、12年から14年にかけて3連覇を果たしたのを最後に巨人は優勝していない。長期的な改革なんて悠長なことは言っていられず、短期間で結果を出せる原さんを選んだということでしょう」(前同)

 その結果、ハシゴを外された川相二軍監督は10月7日に退任を発表。その心中は察するに余りある。

  1. 1
  2. 2