山里亮太(南海キャンディーズ)
山里亮太(南海キャンディーズ)

 南海キャンディーズ山里亮太(41)が、自身が出演する『テラスハウス』(フジテレビ系)の軽井沢編、『OPENING NEW DOORS』の住人について悪態をついていた。

 この発言をしたのは、10月24日深夜放送のラジオ番組『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)でのこと。山里亮太はカゼをひいて鼻声になってしまったことを利用して、リスナーからのさまざまなモノマネリクエストに応えた後、先週、ロケで京都へ行ったときのエピソードを語り始めた。ロケの前日に京都入りした山里は、自著『天才はあきらめた』(朝日文庫)の宣伝で書店を訪ね、晩ごはんは京都の吉本社員たちと食べに行ったという。

 京都ならではの“おばんざい”を楽しんだ後、山里亮太は2軒目の酒場でサラリーマンのグループに誘われて一緒に飲んでいた。そして、深夜12時前ぐらいに帰ろうとしたところクラブに行かないかと誘われ、ふだんなら「自分には合ってない」と行かないのだが、このときはクラブに行こうという気持ちになったという。

 続けて山里亮太は、『テラスハウス』は一つ屋根の下で暮らしている男女6人を、ずっとモニタリングするという内容だと説明し、今回の住人は“ウェイウェイ系(ウェーイと叫ぶノリのよい若者のこと)”のすごい嫌いな人ばかりで、肌が合わずに悩んでいたと告白。さらに、彼らについて「クラブとか行ってさ、ウェイウェイしてるような(人たち)をギュッとした。なんて言うんだろうな。みんなが思う“クラスでイケてるやつ”のギュッとした煮こごりみてぇなやつら」と悪態をついた。

 しかし、山里亮太はクラブへの誘いを受けた。山里は「でもその子たち、なにも悪いことしてるわけじゃないから」と、ひょっとしてクラブに行ったら“ウェイウェイ系”の人にも良いところが見つかり、好きになれるかもしれないと考えたようで、「俺だって、ずっと悪態をつきたいわけじゃないんですよ。ちょっと好きになるためには、(一緒に)ウェイウェイしようと思って」と、クラブに行こうと思った理由を説明した。

 山里亮太は京都でも有名なクラブに連れていかれたそうで、客たちに肩をガンガン組まれ、すごくフレンドリーな雰囲気だったという。しかし「テラスハウス見てますよ」などと声をかけられ「イイかもしんない」と好感を持ちかけた時、一人の男子大学生が近づいて山里にプロレス技のバックドロップをかけようとした。山里は「怖かったわぁ、普通に。“イエーイ!”って言われて、持ち上げられて」と振り返り、「そこで思ったね。これからも『テラスハウス』は嫌い続けようと」と、笑いながら“ウェイウェイ系”へのネガティブな感情は今後も変わらないだろうと語っていた。

あわせて読む:
・佐藤健ほか「ポケモンGOに今もハマる」芸能人トレーナーたち
・安田大サーカス・クロちゃんが『テラスハウス』に参戦!? 『水ダウ』新企画がヤバい!
・『テラスハウス』卒業の島袋聖南、最後の恋を誓う「出戻りありません」