『筋肉体操』武田真治を加藤浩次が危惧「おかしな方向にいってる」
※画像はイメージです

『みんなで筋肉体操』(NHK)への出演など、その肉体が話題になっている俳優の武田真治(45)の現状を、友人である加藤浩次(49)が心配している。

 武田真治は10月29日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。“クイズッス”のコーナーで、10月27日に行われたイベント、“池袋ハロウィンコスプレフェス2018 JRAスペシャルステージ”の様子を紹介され、ゾンビになったジョッキーのコスプレでVTR出演した。

 まず武田真治があいさつをしたのだが、加藤浩次は「何してんのコイツ? 最近おかしいよ」「NHKでなんか筋肉体操やったりとか」と、いきなりのツッコミ。その後、武田はつきあう女性にはヒップアップやバストアップにつながるような運動をしてほしいとコメントし、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で共演していたときに、加藤浩次のことをどう思っていたかを語り始めた。

 武田真治はまず「うるせぇなって思ってた」と言うと、毎週会っているのにまるで親戚のおじさんのように「どうなんだ最近は?」と心配してくると説明し、隠し撮りして映像を見せてあげたいほどウザいと嘆いた。これに加藤浩次は「心配してんだよ!」と反論すると、「おかしな方向に完全にいってんじゃない、これ。これ、まずいって! 俺が注意しないと、誰も注意しなくなってるから」「これ本当、往復ビンタしてやりてぇもん、今。こんな格好してさ」と、最近の武田を心配した。

 その後、武田真治から、「僕は健康のために体を鍛えているんですが、実は他にも理由があるんです。それはいったいなんでしょう?」というクイズが出題された。武田は「ナルシストな僕が言いそうなことです。正直、気持ち悪いです」とヒントを出したが、その正解は「出産の痛みを経験できないから」というもの。武田はその理由について、男性は女性の出産の痛みを知ることができないので、常に筋肉痛を感じることで生きている権利を自分に与えているのだと説明した。

 この説明に納得できなかったのは加藤浩次だけではなかったようで、水卜麻美アナウンサー(31)も、「ヤバくないですか?」と驚いた様子。加藤も「どうしたんだよコイツ、本当に」と、心配げな様子を見せていた。

 筋肉で見事に再ブレイクとなった武田真治は、今ではさまざまなイベントに呼ばれる人気者になっている。加藤浩次は危惧していたが、その筋肉と独特なコメントで、まだまだ活躍しそうだ。

あわせて読む:
・「スゴイ!」「鼻血でそう」武田真治、鍛え抜かれた胸板で世の女性たちをクギヅケに
・羽鳥慎一、小倉智昭も国分太一もひれ伏す「マダムキラー」ぶり
・山里亮太『スッキリ』ディレクターとの確執は継続中「すっごいギスギスしている」