白スキニー、財布にチェーンはダサい?「女性が嫌う男性のファッション」の画像
※画像はイメージです

 女性は、ファッションや流行に敏感だ。特に若い女性は、自分のファッションにはもちろん、他人のファッションにも厳しい。そこで今回は、10~30代の未婚の女性200人に「男性がしていたら嫌なファッション」について聞いてみた。

 まず、一番多くの女性から挙げられたのは、“いかつい”オーラを放つファッション。黒を基本として、シルバーアクセサリーなどを多用する、いわゆる“オラオラ系”だ。

「大ぶりのネックレスをジャラジャラつけて、ガイコツの指輪をはめている」(37歳/女性/出版・マスコミ関係)

「クロムハーツだらけ」(38歳/女性)

「ジャラジャラしたチェーンつきの財布」(25歳/女性/学生・フリーター)

「ドラゴンや虎など、動物の絵が大きく入っている服が嫌」(31歳/女性)

「ドクロのマークが入っているもの。トップスもパンツも柄物、サングラス」(24歳/女性/デザイン関係)

「ヤンキーみたいなやつ」(24歳/女性/デザイン関係)

「胸元の開いたVネック、全身にゴツい装飾」(28歳/女性/総務・人事・事務)

 そんないかついファッションに、“腰パン”など、だらしなさが加わると、女性はより不快に感じるようだ。

「ジャージに腰パン姿で出歩いている」(23歳/女性/学生・フリーター)

「ズボンをズルズル引きずる」(35歳/女性/営業・販売)

「ダボダボのズボンを腰パンしている」(22歳/女性/学生・フリーター)

「腰パン。だらしない。気持ち悪い」(23歳/女性)

「ラッパーみたいな服」(30歳/女性/学生・フリーター)

 “腰パン”以外でも、だらしないというのは、かなりのマイナス点なようだ。ヨレヨレのTシャツや、スウェット上下でパジャマのような服にも嫌悪感を示す女性が多数いた。「どこにいくにもジャージ姿」(31歳/女性)「どこに行くにもクロックス」(28歳/女性/学生・フリーター)など、服装がだらしないと、日々の生活自体もルーズだと思われるようだ。

 他に、タトゥーやボディピアス、モード系ファッションなど、個性が強く、こだわり過ぎのファッションを挙げている人も多かった。

「ピアスやタトゥー。気になってしまうのでやってほしくはないです」(17歳/女性/学生・フリーター)

「手とか見える場所にサソリとかクモとかヘビとか変なタトゥーをしてる」(33歳/女性)

「耳以外の場所にピアス」(26歳/女性/公務員)

「十字架のネックレス」(24歳/女性)

「ロングカーディガン、黒いマスク」(18歳/女性/学生・フリーター)

「女っぽい服装。巻きスカートのような服」(16歳/女性/学生・フリーター)

「K-POPアイドルみたいな格好」(31歳/女性/営業・販売)

「ゴスロリ」(37歳/女性)

 個性的な中でも、特に多かった意見が「つま先がとがった靴」。「とがった靴。おしゃれなのはいいけれど、ホストみたいに頑張りすぎた感じ。あと、茶髪とか角刈りでいかにもその道の人っぽい恰好」(35歳/女性)、「つま先がめちゃくちゃとんがっている靴。厚底の靴」(21歳/女性/学生・フリーター)、「時計以外のアクセサリー。尖った靴。TPOをわきまえていない服装」(31歳/女性/学生・フリーター)など、ギャル男やホスト系に多い “チャラい”イメージのファッションも女性には嫌われがちだ。

  1. 1
  2. 2