菅田将暉
菅田将暉

 連続テレビ小説まんぷく』(NHK)は、毎週、話題に事欠かない。ヒロインの福子を演じる安藤サクラ(32)の見事な演技はもちろんだが、他の登場人物にもスポットライトが当たり、高い評価を得ているのだ。ここでは11月3日の放送を振り返ってみよう。

 克子(松下奈緒/33)の家に居候していた福子と萬平(長谷川博己/41)だったが、次第に商売のハンコ屋が儲からなくなり、家を出ることを決意する。そんなとき、咲(内田有紀/42)の夫、真一(大谷亮平/38)が戦争から帰ってくる。その後、福子たちが家を出ることをみんなに告げると、鈴(松坂慶子/66)と神部(瀬戸康史/30)もついてくることになって……。

 現在の注目はイケメン俳優、瀬戸康史(30)の好演ぶりだろう。泥棒に入ったのに、その後、その家に居着いてしまうどこか憎めない若者、神部を見事に演じきっている。若手イケメンの登場で、『まんぷく』人気に拍車がかかった印象だ。

 朝ドラファンなら、彼の顔はきっと覚えているはず。瀬戸は2008年の『仮面ライダーキバ』で注目された後、15年下半期の朝ドラ『あさが来た』に出演してブレイクした俳優だ。ヒロインのあさ(波瑠/27)とともに大学創設を目指す成澤泉を演じたのだが、そのイケメンぶりから「ナル様」と呼ばれ、ファンを魅了した。その後も多数の作品に出演し、最近も『海月姫』(フジテレビ系)、『透明なゆりかご』(NHK)など、話題のドラマで存在感を示している。

 実は『まんぷく』ではこれからも、この瀬戸とそっくりな経歴の俳優が登場する。それが若手弁護士として登場する、菅田将暉(25)だ。菅田は09年『仮面ライダーW』に出演し注目されると、その後、徐々に人気を高め、13年の『ごちそうさん』で朝ドラに出演。ヒロインめ以子(/32)の息子役で全国的な知名度を得た。そう、『まんぷく』のイケメン俳優2人は、仮面ライダーと朝ドラ、2つの若手登竜門をくぐり抜けてきた実力派なのだ。

  1. 1
  2. 2