■『喝采』は石原裕次郎や桑田佳祐もカバー

 ちあきなおみの72年(昭和47年)のレコード大賞受賞曲『喝采』(作詞:吉田旺/作曲:中村泰士/編曲:高田弘)が9位。“大切な人を亡くした女性歌手”を描いた歌詞が大きな特徴。曲調は厳密には演歌とは言い難いが、本誌読者を含む演歌ファンから圧倒的な支持を得ている。「この曲は同業者からも人気が高い曲で、石原裕次郎、由紀さおり、桑田佳祐ら、多くの歌手がアルバムなどでカバーをしています」(前同)

 10位は『矢切の渡し』(作詞:石本美由起/作曲:船村徹/編曲:薗広昭)。もともとは、ちあきなおみの曲だったが、評判の高さから、いろいろな歌手が共作でリリース。その中で爆発的に売れたのが細川たかしバージョンだ。1983年(昭和58年)、細川は前年の『北酒場』とこの曲で、史上初となる2年連続レコード大賞を受賞という快挙を達成した。「明るく抜けるような細川版、艶と物悲しさのあるちあき版、どちらも違った魅力があります」(前出のレコード会社関係者) なお、青函連絡船はなくなったが、矢切の渡しは今も運営されている。

 11位の『天城越え』以下も甲乙つけ難い名曲がズラリ。あなたの大切な一曲は何位に入っているか?

■石川さゆり、八代亜紀、美空ひばり…日本の演歌名曲ランキング!

1位『津軽海峡・冬景色』(1977年)石川さゆり 日本レコード大賞・歌唱賞受賞曲。『紅白歌合戦』(以下・紅白)では、これまで10回も歌われている(最多タイ)など、40年以上にわたり愛され続けている国民的演歌だ!

2位『舟唄』(1979年)八代亜紀 心にしみる演歌の代表曲。楽曲に八代亜紀のハスキーボイスが見事にハマっている。これほど酒場に似合う曲はないが、八代本人は体質的にアルコールを飲めないとか。

3位『悲しい酒』(1966年)美空ひばり 美空ひばりの歌唱力が際立つ名曲中の名曲。もともと別の歌手の曲だったが、ヒットせず。埋もれさせるには惜しいと考えた作曲者の古賀政男の意向で、ひばりが歌った。

4位『函館の女』(1966年)北島三郎 明朗な演歌の代名詞。読者の人気も高い、北島三郎の代表曲の一つだ。この曲の大ヒットで、サブちゃんは以後、「○○の女」というタイトルの曲を次々にリリースする。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4