大谷翔平、若手女優と結婚も!? 2億円マンション最上階購入!!

「世界一の選手を目指す」

 1年前、2017年11月11日に行われたメジャーリーグへの挑戦会見で、こう話したのはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(24)だ。

 そんな彼が、「日本一」とも言える素晴らしい眺望がウリの超高層マンションの最上階の一室を購入していたことが分かった。プロ野球関係者が語る。

「大谷が購入したマンションは、東京の湾岸エリアに建つ50階に迫ろうという高層マンション。買ったのは今春。なんでも、2億円近くする部屋をキャッシュで購入したそうですよ」

 MLBの新労使協定のため、エンゼルスでの今年の年俸は約6000万円。

 しかし、昨年、日本ハムファイターズでの最終年は2億7000万円もらっており、日本で稼いだ年俸の合計は6億円以上。また彼は数社のCMにも出演しており、資産はもっと多いだろう。

「加えて、大谷は日ハム時代はずっと寮生活で、“1か月の小遣いは1万円”という噂が流れたほどの倹約家。2億円の部屋を“大人買い”することも朝飯前だと思いますよ」(前同)

 大谷のマンションが建つのは、近年、開発が進むエリア。高層マンションが立ち並び、富裕層が多く住む地域だ。近くにはスーパーもあり、東京湾近くの舗装路はランニングコースとしてもバッチリ。

「大谷は、シーズン中は米国生活になりますが、オフの帰国時の拠点としてマンションを購入したんでしょうね。実際、部屋の中にもトレーニング機器をそろえているそうですよ」(同)

 そんな大谷は、女性誌で〈どうすれば大谷選手の嫁になれるか⁉〉といった特集が組まれるほどのモテモテぶりで、数々の女子アナや女優の川口春奈(23)なども彼を狙っているとされている。

「まだ特定の相手はいないようですが、恋愛するなら拠点があるほうがやりやすいですよね。なんでも計画的に進める大谷のことですから、若いうちの結婚も意識してのマンション購入かもしれませんね」(同)

 ちなみに、大谷の部屋はメゾネットタイプだという。つまり、マンションながら2層構造になっているのだ。

「やはり、部屋も“二刀流”にこだわるということですかね(笑)」(同)

 10月1日に受けた右肘の靱帯再建手術の術後の回復具合も良好とのことで、13日に発表される今年のア・リーグ新人王の最終候補者3人にも残っている大谷。次なる狙いは、超高層マンションで嫁取りか⁉

 現在発売中の『週刊大衆』11月26日号ではこの他、巨人軍最大のタブー「長嶋茂雄と王貞治の“60年目の愛憎”の全真相」など球界に関する独自ニュースを掲載している。

あわせて読む:
・長嶋一茂「殴ったほうが早い」発言にネットで批判の嵐
・根尾獲得、与田剛・中日新監督“一流力”で導く「2019年、ナゴヤの年」