■渡瀬恒彦、和田アキ子…「ケンカ王芸能人」ランキング歴代10傑

南こうせつ(歌手・69)得意技・電光石火「温厚そうな雰囲気ですが、若い頃はケンカっ早いことで有名だったとか。長渕剛さんをボコボコにしたとか、複数のアウトローを素手で素早く打ちのめしたとか、本人に直接お尋ねできないエピソードを数多く聞きました」(テレビ局社員)戦闘力92

藤岡弘、(俳優・72)得意技・ライダーキック「父が武道家だったこともあり、柔道や空手、抜刀、居合などさまざまな武術を鍛錬しているそうです。仮面ライダーの撮影では、スタントを使わず、自ら演じきったといいますから、ライダーキックは本当に痛いと思います」(テレビ局社員)戦闘力92

稲川淳二(怖がらせ屋・72)得意技・背筋凍結「ホラー話で多くの人の背筋を凍らせてきた稲川ですが、実際に彼自身が恐怖の対象だった時期もあったそう。安岡力也さんと幼なじみだそうですが、安岡さんも稲川さんの不良っぶりに舌を巻いたそうですから」(芸能記者)戦闘力89

渡瀬恒彦(俳優=故人)得意技・フルボッコ「“芸能界最強は誰だ”という話になると、必ず名前が挙がるのが渡瀬さんですよね。東映撮影所で見せたケンカの数々は今でも語り草。力自慢の俳優、用心棒、格闘家の“半殺しの屍”が累々と並んだそうです」(スポーツ紙記者)戦闘力99

宇梶剛士(俳優・56)得意技・素手攻撃「17歳で、構成員2000人を誇った暴走族『ブラックエンペラー』の7代目総長に任命されたことで分かるように、ガチの武勇伝や暴行事件は枚挙にいとまがありません。また、素手で集団に果敢に挑むことも明かしています」(スポーツ紙記者)戦闘力99

保阪尚希(俳優・50)得意技・腕相撲「ヤンキー時代に培った腕力に自信がある。実際、番組では腕相撲で芸能人最強に輝いたことも。2004年に元妻の高岡早紀布袋寅泰の不倫が発覚すると、保阪が激怒。保阪を恐れた布袋は隠れて生活していたそうです」(芸能記者)戦闘力95

小沢仁志(俳優・56)得意技・Vシネ攻撃「Vシネの強面と雰囲気が先行しているだけと思う人もいるかもしれませんが、柔道、剣道、空手の有段者。しかし、かつてケンカを吉永小百合に仲裁されたことがあり、“菩薩かと思った”と振り返っています。美人には弱い」(芸能記者)戦闘力91

哀川翔(俳優・57)得意技・義理人情「一世風靡セピアを結成する前には、東京・原宿で数百人規模の大乱闘を引き起こした、暴走族から親友を救った、暴走族をアシにしていたなどなど、武勇伝は事欠きませんが、義理人情で動いていたそうです」(芸能プロ関係者)戦闘力92

本宮泰風(俳優・46)得意技・喧嘩三昧「原田龍二の弟で、かの小沢仁志も雑誌のインタビューで“芸能界最強は自分じゃなく本宮泰風”と言い切ってしまうほどの凶暴さ。デビュー前は、渋谷のディスコで繰り返し、ケンカを売っていたことでも有名です」(芸能記者)戦闘力98

和田アキ子(歌手・68)得意技・力技 和田を良く知る芸能人は、事あるごとに和田の武勇伝を暴露。「ビートたけしのポルシェを背負った」「素手で鯨を獲った」「握手しただけで相手が骨折する」「くしゃみをするとビルが倒壊した」などなど、到底信じられない話ばかりだが……。戦闘力測定不能

あわせて読む:
・斎藤工『ハラスメントゲーム』で「クズ中のクズ」を熱演
・竹内涼真『下町ロケット』あえての脇役起用の理由
・長嶋一茂「殴ったほうが早い」発言にネットで批判の嵐

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4