出川哲朗
出川哲朗

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で人気コーナーになっている「出川哲朗はじめてのおつかい」。出川哲朗が海外で現地の人々とコミュニケーションをとりながら、ミッションをクリアしていくという内容だが、語学力のない出川は毎回、トンチンカンな英語を連発し、視聴者の笑いを誘っている。そこで、今回は出川が数々の海外ロケで口にした“出川イングリッシュ”でクイズを作成した。視聴者を爆笑させた、あのセリフとは? 答えは記事の最後!

■【問1】
2015年2月22日放送の第1弾で、アメリカのニューヨークを訪れた出川は「国際連合本部で限定おみやげを買ってこい」というミッションに挑戦。出川はなけなしの英語力を駆使し、“国際連合本部”をある奇妙な英語で表現してしまう。「ワールド◯◯◯センター」と言ったのだが、「◯◯◯」とは?

■【問2】
17年8月6日放送の第6弾で、カナダのバンクーバーに行った出川に、「科学博物館へ行き、1番人気の臓器のぬいぐるみをゲットする」というミッションが与えられた。科学博物館は、英語にすると“サイエンスワールド”だが、出川は「ドゥーユーノー“〇〇〇〇”ミュージアム?」と、“科学”だからか自分の知っている実験器具の名前を使って現地の人に質問した。「〇〇〇〇」に入る言葉は?

■【問3】
18年1月7日放送の第7弾で、出川はアメリカのロサンゼルスを訪問。「ロサンゼルスの有名な天文台に向かう」というミッションを与えられたのだが、出川は“天文台”という英単語を知らないため、「ドゥーユーノー“スター〇〇〇〇〇”マシーン?」と奇妙な英語で道行く人に質問。「〇〇〇〇〇」に入る言葉は?

■【問1】の答えは、「ホーム」。“国際連合本部”の正しい英訳は“United Nations Headquarters(ユナイテッド・ネイションズ・ヘッドクオーターズ)”のため、出川から“ワールドホームセンター”の場所を尋ねられた通りすがりの人は何のことか分からず困惑しきりだった。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/53806
■【問2】の答えは、「ビーカー」。もちろん伝わるはずもなかったが、その後も出川は懲りずに“フラスコ”、“リトマスペーパー”、“スポイト”と、自身の科学知識をフルに使って現地の人に質問。どれも失敗に終わると、“科学”にこだわるのをやめ、今度は「ドゥーユーノー ビッグミュージアム?」と質問したが、やはり科学博物館の場所は聞き出せなかった。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/55057
■【問3】の答えは、「ルッキング」。間違った英訳にもかかわらず、これが功を奏し、出川は現地の人から“テレスコープ(望遠鏡)”という単語を引き出すことに成功。この英単語を頼りに、目的地であるグリフィス天文台の情報をゲットするという、驚きの展開を迎える。ちなみに、天文台は、英語にすると“astronomical observatory( アストロノミカル オブザブトリー)”。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/57226

 ハチャメチャな“出川イングリッシュ”でお茶の間を爆笑させてきた「出川哲朗はじめてのおつかい」。つたない英語ながら、必死にコミュニケーションを取る姿は視聴者の笑いだけではなく、共感も誘っているようだ。

あわせて読む:
・出川哲朗も認める、平野紫耀の天然ぶり「最強かもしれない」
・デヴィ夫人、ゆきぽよに「足広げてみなさい」発言でスタジオ騒然!?
・マツコ&内村光良&坂上忍、テレビ界“新BIG3”の圧巻神通力