ミキの昴生、漫才スタイルを先輩に批判され激高!?
※画像はイメージです

 12月15日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、ミキの昴生(32)が出演。お笑い芸人の明石家さんま(63)らに、『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)での失敗を明かす場面が見られた。

 この日は、ザブングルの加藤歩(44)が“ゲスト向上芸人”として登場。これまで後輩芸人を口汚くののしってきた加藤に対し、コロコロチキチキペッパーズナダル(33)が「被害者たちに謝罪しろ!」とクレームをつけると、その被害に遭ったという昴生ら3人の芸人たちがスタジオに現れ、次々に不満をぶちまけた。

 以前の放送で、加藤歩から「(2017年の『M-1』で)ミキの漫才を見て感動してるんですよ。全然、ホームラン出ない。ツーベースも出ない。バント、バントで決勝まで行く?」と皮肉られた昴生。今回はそれについて「めちゃくちゃなんですよ。あの“バント漫才”って言葉!」と共演者たちに訴え、お笑い芸人の陣内智則(44)から「あれは一番キツいな!」と昴生に同情された。

 続いて、自分たちはホームラン級の笑いを狙って、“フルスイング”しているのだと主張する昴生に、加藤歩は「えっ!? いやいやいや! バント、バントしてヘッドスライディングやん!」と反論。昴生は「ひどすぎ! 営業妨害なんですよ!」と加藤に抗議し、加藤に“バント漫才”とイジられて以来、自身のネタがウケなくなってしまったと嘆いた。

 そんな昴生を慰めようと、番組MCを務める明石家さんまや加藤歩は今年の『M-1』での活躍を期待したのだが、昴生は「落ちたわ『M-1』、準決勝で!」と告白(収録日は『M-1』の決勝前)。準決勝で敗退した理由について、「バント漫才言われたから、ホームラン狙いにいったら、めちゃめちゃ三振したわ!」と説明し、加藤への怒りをあらわにした。

 そんな中、今田耕司(52)や明石家さんまはバント漫才があってもいいと昴生をフォロー。だが、昴生は「(以前の放送で)バント漫才って言った瞬間に、めちゃくちゃウケたんですよ。出演者の方も、スタッフの方も。(でも)バカにされてる気分やったんですよ」と、その当時の複雑な心境を振り返った。これに『M-1』で司会を務める今田耕司が「(バント漫才の言葉が)なんかしっくりきたんや」と思わず口を滑らせたところ、昴生は「なんなんや、しっくりきたって! あんたMCやろ、『M-1』の! 降りろ、『M-1』のMC! 笑ってるだけで楽な仕事やな!」と今田に八つ当たりをしていた。

「ネタ時間の短い『M-1』は早い段階で爆笑を起こさないと、そのまま盛り上がりきらずに漫才が終わってしまうという特徴があります。ミキは早口でネタをまくしたて、だんだんと盛り上げていくスタイルなので、『M-1』ではちょっと不利かもしれませんね。ミキは敗者復活を乗り越え決勝に進出しましたが、残念ながら4位。そのこともあって、バント漫才という指摘に食ってかかったんだと思いますよ」(お笑いライター)――来年はホームランを!

あわせて読む:
・インパルスにアンジャッシュ、“コンビ不仲”はガチだった!?
・ガンバレルーヤ・よしこは「売れて変わった」まひるが訴え