山口達也
山口達也

 最近、酒で人生を棒に振る有名人が続出中。そんなことにならないよううまく酒とつきあう方法を徹底解説!

 2018年は、というべきか、2018年も、というべきか。酒で道を踏み外したり、命を落とした芸能人や有名人がけっこう多い。ベロベロに酔ったあげく、女子高生への強制わいせつで書類送検されたのは元TOKIOの山口達也だった。また、元『モーニング娘。』の吉澤ひとみは飲酒運転で事故を起こし、芸能界を引退した。飲んべえが身につまされたのは、11月にアルコール性肝不全で逝去したコラムニストの勝谷誠彦さんだ。「20歳から酒を飲まない日がなかった」という大の酒好きがたたり、幻覚や幻聴に悩まされたあげく、57歳で早すぎる死を迎えた。

 イカンと思いながらも、つい飲み過ぎてしまう記者や読者も決して他人事ではない。では、どんな飲み方をする人が80歳、90歳になっても酒を楽しめるのか。バーやスナック、割烹などを長年経営する飲み屋のママやマスターに、「高齢になっても元気に酒を楽しんでいる常連さんの飲み方」を聞いてみた。

 まず、第一に挙げるのは「深酒をしない人」だ。「1〜2時間も飲んだら、スッと腰を上げるお客さんは息長く、ご来店されますね」(新宿・ゴールデン街のスナックのママ)「終電が過ぎてもグダグダ飲んでいるようなお客さんは、肝臓を壊してダメになった人が多いねえ」(新橋の居酒屋店主)「お客さんの中でも、“足にくる”まで飲む人は長続きしないですね」(浅草のバーのマスター)

『肝臓を強化する食べ物、食べ方、生活法』などの著書があり、酒と肝臓病に詳しい野村喜重郎・野村消化器内科院長は、「飲むときは適量を守り、休肝日を作ることが酒から身を守る一番の方法」と力説する。「自分は酒が強い(酔いにくい)と大酒を飲む人もいますが、実は、肝臓が処理できるアルコール量は体重によって変わるだけで、誰も同じなんですね」

 厚労省が推奨する酒の適量は、日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本、ウイスキーでは2杯。いわゆるホロ酔い程度だが、これを守っていれば、肝不全や肝硬変になることはまずない。ちなみに、日本酒を毎日1合程度飲む人と飲まない人の肝硬変になる率は、ほとんど変わらないが、毎日3〜4合飲む人は6倍に。5合以上を10年以上飲んだ人は13倍も高くなるという調査研究もある。「肝臓は他の臓器と比べて再生能力が高いんですが、これも連日ではパンクしてしまいます。そのためにも、肝臓を休める休肝日を作ることが大切です」(前出の野村院長)

  1. 1
  2. 2