■食事や処方薬に注意、飲酒運転は絶対NG

 飲み屋の店主たちが「長〜いおつきあいをしている常連さん」は、「つまみや会話を楽しみながら飲む人」が多いという。「黙々と酔うために飲んでるようなお客さんはあるときパタッと足が途絶え、今は入院して禁酒中とかいう人が多いんです」(池袋のバーのマスター)「お酒だけでなく、おつまみや店の雰囲気、お客さん同士の会話を楽しむ。こんな方は、お年を召してもお元気です」(前出のゴールデン街のママ)

 酒はつまみや会話を楽しみながら飲む。これも酒で長生きできるコツといえる。このおつまみも、なるべく悪酔いや二日酔いを防ぎ、肝臓に優しいものをチョイスしたい。「ポイントは、肝細胞を修復する良質なタンパク質が多く、かつ脂質が少ない食品ということになります。脂質が多すぎるとアルコール性脂肪肝になるからです。鳥のささみ肉や冷奴、刺身などはとてもいいつまみ」(野村院長)

 アルコールの解毒に欠かせないビタミンB群を含んだ落花生やナッツ、ほうれん草、シイタケ、チーズなども肝臓のダメージを小さくする。悪酔いや二日酔いを避けるには、必須アミノ酸であるメチオニンを多く含んだシラスや焼きノリなどをつまみにしたい。「メチオニンは二日酔い改善薬にほぼ入っている成分で、アルコール性の脂肪肝を防ぐうえでも大切です」(野村院長)

 酒を飲んだ次の日は、腹(胃)の調子が悪いという人には月見納豆がお勧めだ。「タンパク質とビタミンB群が豊富なうえ、ネバネバ成分であるムチン質がアルコールの吸収を抑えて胃壁を保護する作用があります」(前同)

 酒の吸収を緩やかにして酔いを分散するためにも、日本酒は熱燗、ウイスキーは水割りで飲むようにしたい。「アルコール度数が高い酒をストレートで飲むと、吸収が早く、胃壁が荒れてしまいます」(同)

 気をつけたいのは、各種処方薬を飲んでいるときの酒の飲み方だ。たとえば、血栓症の治療薬(ワルファリンなど)を服用している人が酒を飲むと薬が効き過ぎてしまい、最悪の場合、脳出血を起こすケースもある。また、糖尿病の治療薬(メトホルミンなど)も、酒を飲み過ぎると中枢神経や消化器系にダメージを与えることがある。

 最後に、モーニング娘。の吉澤ひとみのように、飲酒後の運転は絶対しないことも肝に銘じたい。たった1回の過ちで仕事を失い、人を傷つけ、場合によっては塀の中の人にもなる。飲んだら乗るな、乗るなら飲むなを徹底したい。

 大好きな酒が命を削る鉋とならぬよう、今回示した“5か条のご誓約”を飲んべえの皆さんは、ぜひお守りください!

■酒で失敗しないための5か条!

(1)適量を守り、休肝日を設ける

(2)飲みながら食べ物を摂取する

(3)強い酒は薄めて飲む

(4)薬と酒を一緒に飲むのはNG

(5)酒が抜けるまで運転は絶対しない

あわせて読む:
・『鉄腕ダッシュ』山口達也の不在で、国分太一に“のしかかる重圧”
・元TOKIO・山口達也が『鉄腕ダッシュ』で成し遂げた偉業を回顧
・吉澤ひとみ、ひき逃げ初公判で衝撃発言!「JINROが飲みたくてチューハイ捨てた」

  1. 1
  2. 2