平成はプロデューサーの時代である、というのはよく言われる話だ。確かにつんく♂や秋元康など、特にアイドル好きではなくとも世間に知られているプロデューサーは少なくない。昭和にも同様のプロデューサーがいなかったわけではない。代表的なのは、作詞家の阿久悠だろう。現在のアイドル文化の原点とも言える日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』。そもそもこの番組を企画したのが放送作家でもあった阿久悠であり、阿久はこの番組が輩出したアイドルの歌う曲の作詞だけでなく、アイドルとしてのトータルなコンセプトを考え、イメージ戦略を立てもした。その最大の成功例が、ピンク・レディーである。


あわせて読む:
・佐藤聖羅「たわわなお姉さん」元SKE48のGカップボディ【写真9枚】
・三田寛子「未来の人間国宝」の嫁は80年代最大の勝ち組!?
・指原莉乃「HKT48を卒業します」突然の発表に衝撃走る!【写真16枚】
・欅坂46菅井友香、高畑充季、葉加瀬マイほか、芸能界の“お嬢様”アイドルたち
・樹智子「過激すぎる」元G☆Girlsが1stDVDで大開脚!【写真6枚】