滝沢秀明
滝沢秀明

 12月15日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に滝沢秀明(36)が出演。年内で芸能界から引退する滝沢が、親友である相葉雅紀(35)と今までの芸能人生を振り返り、これからについて語り合った。

 滝沢の持ち込み企画「滝沢&相葉の思い出満載ミュージックビデオ」で、嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』のオリジナルMVを作ることになった相葉。実は2人はジャニーズJr.の頃にMV作りにハマっていた時期があり、相葉の初めての出演作は滝沢の作品だったそうだ。

 相葉が運転する車でロケ地へと移動中、滝沢は嵐メンバーも知らない嵐のグループ名にまつわるエピソードを披露した。嵐デビュー決定後、滝沢がジャニー喜多川社長(87)にグループ名を尋ねたところ「漢字一文字だよ。曙」と、教えられたという。これには相葉も「お相撲さんじゃん」と爆笑。滝沢も笑いながら「間違えちゃったのかな。でも、すごいよね。今では本当に嵐が浸透してる。ジャニーさんのネーミングセンスすごい」と恩師のすごさをしみじみと語った。

 ロケ地の一つであるバーにつくと、相葉が滝沢の引退について「いつぐらいから決めてたの?」とあらためて質問。滝沢は、「夏ぐらい。ホントに最近」「今かもと思ったんだろうね」と答え、引退を決意してからすぐに行動に移したことを明らかにした。相葉は希望をにじませつつ「今後、ワンポイントで、この舞台のここのシーンだけ出てくれと言われたら?」と尋ねるも、滝沢は「絶対出ない」と即答。相葉が「テレビも?」「舞台も? ラジオは?」と、思わず頼み込むように手を合わせながら食い下がるも、滝沢の決意は揺るがないようで、「出ない。ちゃんとそこは線を引いて。中途半端にやっちゃうとね、ファンの方にも逆に失礼」と変わらない決意を示した。

 今後について滝沢は「ジャニーさんがやってきたことを中心にやっていく。舞台のプロデュースだったり、ジュニアの育成だったり。ジャニーズの形を、次の時代につないでいく役割」と裏方に徹することをあらためて公言した。

 ロケ終了後、監督、撮影、編集までを滝沢が務めた、相葉主演のMVが完成。このMVの最後には、10代の頃の滝沢と相葉が肩を組んだ写真が入っており、見終わった相葉は「感動しちゃったよ」とうれしそうな笑顔を浮かべていた。

 滝沢と相葉のやり取りを見た視聴者から、ネットには「相葉くんと一緒で本当に楽しそう」「滝沢さんと相葉さんの見てるとほっこりする」「相葉くんとタッキーの思い出話良かった」「滝沢くんがもう見られないと思うとただただ悲しい」など、滝沢の引退を惜しむ声や、2人の仲の良さにほっこりとしたという声が上がっていた。

 滝沢引退まであとわずか。ファンは、その姿をしっかりと目に焼きつけておこう。

あわせて読む:
・タッキー&翼「一夜限りの再結成」は、滝沢秀明を守るため!?
・キンプリを超える!? ジャニーズ新“合体”グループ、来年衝撃デビューか
・工藤静香もお手上げ!?「アドリブNG!」娘・Koki,に早くも訪れた“賞味期限”