朝ドラ『まんぷく』高視聴率を実現したある工夫とは?
※画像はNHK『まんぷく』番組公式ホームページより

 連続テレビ小説まんぷく』(NHK)は、視聴率も絶好調。平均視聴率で20%以上(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、高い数字を残していて人気はなかなか衰えない。もうすぐ折り返しの時期だが、前半の名シーンをどのくらい覚えているだろうか? 今回はクイズで『まんぷく』を振り返ってみよう。答えは記事の最後!

■【問1】
10月6日の放送は、福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)が急接近する回だった。このとき2人は食事を一緒にしたのだが、2人は何を食べた?

■【問2】
11月17日の放送。たちばな塩業は福子の活躍で世良(桐谷健太)が中抜きしていた塩の代金を、取り返すことに成功した。さらには大阪経済界のドン、三田村(橋爪功)から多額の融資を受けることになったのだが、ズバリ、融資額はいくらだった?

■【問3】
11月24日の放送で、たちばな塩業は新事業として、栄養食品を開発することに。動物性たんぱく質の材料として、ある動物を使おうしたのだが、それは何?

■【問1】の答えは、「ラーメン」。2人が語り合うシーンは、ドキドキ感が伝わりつつも、なんともほほ笑ましい名場面となった。『まんぷく』は日清食品がモデルの作品だけあって、ラーメンがキーアイテムになっている。主人公カップルを結びつける役割を担ったのもラーメンだった! 詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/61433
■【問2】の答えは、「3万円」。この金額は現在なら1000万円に相当するという大金。このお金が健康食品「ダネイホン」の開発資金となった。福子が萬平の仕事ぶりを熱く語るシーンは、物語前半の名シーン! 詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/62088
■【問3】の答えは、「ガマガエル」。栄養食品を作り始めた大事な回。しかし大きなカエルをうれしそうに捕まえる男たちの姿にすず(松坂慶子)が発狂。さらにガマガエルを使っての実験では釜が爆発して大失敗するなど、笑えるシーンもたくさんあった。この笑いの多さこそ、『まんぷく』の魅力だろう。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/62197

 名場面を振り返っただけでも、『まんぷく』の魅力が見えてくるもの。19年1月3日と4日に前半のダイジェストが放送されるので、そちらをチェックして後半の放送に思いを馳せるのもいいだろう。

※画像はNHK『まんぷく』番組公式ホームページより

あわせて読む:
・『まんぷく』長谷川博己が、“いじられキャラ”で新境地開拓
・柄本佑に森田剛……有名芸能人たちの結婚秘話
・広瀬すずはどうなる?土屋太鳳、波瑠…朝ドラヒロインの明暗