貴乃花
貴乃花

 貴乃花(46)と10月に離婚した、元夫人・河野景子さん(54)の周辺が騒がしい。

 貴乃花といえば11月27日に、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、「お互い結婚を“卒業しよう”ということを2人で決めました」と景子さんとの円満離婚をアピールした。だが、2人の「離婚の真相」については、離婚発表時から臆測を呼ぶことに。多くのメディアによって、2人が離婚したのは、景子さんが靴職人である長男・花田優一を溺愛し、貴乃花の意に反して芸能活動にのめり込ませたことが原因だとする報道が相次いだ。

「景子さんは、こうした夫婦や家族しか知り得ないはずの情報が外に漏れるのは、“貴乃花がリークしたから”と見ているようで、12月28日の『バイキング・ザ・ゴールデン』(フジテレビ系)に出演し、離婚の真相を語るようです。一部では、自分と息子に対するネガティブ情報のリークが続くようなら、名誉毀損で貴乃花を訴える動きがあるとも報じられています。28日の番組での景子さんの発言次第で、騒動がさらに大きくなる可能性はあります」(スポーツ紙デスク)

 そうしたゴタゴタとは別に、もう一つ注目を集めているのが、景子さんの今後の身の振り方。今後、景子さんはどのように生計を立て、残りの人生を過ごしていこうとしているのか。

「可能性が高いのはフリーアナとして、テレビの世界に戻るという選択です。アナウンス技術は局アナ時代から定評があり、フジ黄金期を支えるほど大人気でしたから、起用したいという番組は少なくないはずです。また同期入社で、亡くなられた有賀さつきさんとともに“女子アナ3人娘”と呼ばれた八木亜希子(53)は、『陸王』(TBS系)をはじめ、女優としても活躍中。景子さんがすでに八木と接触し、女優転身について相談しているという話も聞こえてきていますね」(芸能プロ関係者)

■河野景子さんの「政治家」としての素養

 フリーアナ、女優、河野景子さんの未来は前途洋々だが、それよりも有力視されているのが政治家への転身だ。

「貴乃花部屋は、女将さん、つまり景子さんが支えていたところもあったんです。小さな差し入れにも礼状を欠かさず、パーティなどの仕切りも完璧でした。さらに元女子アナだけありスピーチもうまい。景子さんには十分、政治家としての素養があります。一方、貴乃花も相撲協会をやめてすぐに、自民党の馳浩元文部科学大臣のところにあいさつに行ったことで、出馬の噂が流れました。26日発売の『週刊文春』のインタビューで貴乃花は“出馬のお誘いはいろいろあった”と語りましたが、自民党内で具体的に検討したという話は聞こえてきていません。

 19年夏の参院選挙を取り仕切るのは有名人好きで知られる甘利明選挙対策委員長だけに、可能性はありますが、貴乃花はしゃべれないのが致命的。どちらかといえば景子夫人のほうが候補のタマとして有力でしょう」(政治部デスク)

 はたして河野景子さんがどの道に進むのか。彼女の発言が2019年も大きな注目を集めそうだ。

あわせて読む:
・親子そろって離婚…河野景子が目論む“大マジ野望”「花田優一を俳優にしたい!」
・日テレ“就職”状態の貴乃花が『笑ってはいけない』に電撃参戦か!?