山根明
山根明

(質問1)新婚です。7つ下の美人の嫁をもらい、周りからも羨ましがられているんですが、彼女の唯一の欠点は、料理が苦手すぎることです。頑張って作ってはくれますが、味がしなかったり、そうかと思えば、しょっぱすぎて食べるのがツライ料理もあります。今は、何でも「おいしいよ」と言って、無理して食べていますが、そろそろ限界です。どう指摘すれば、気まずくならないですか。(東京都・36歳・男・IT企業勤務)

 僕はね、結婚して2~3年は女に厳しいんです。女房である限り、よそ行って恥かいてはアカンと思ってね。強くするために、あえて言うことは言いますよ。

 今の嫁は、女でありながら、ご飯が炊けなかったんです。炊飯器に水を入れすぎて、おかゆでも、ご飯でもないものができた。そんなん、あるか!?「許されん!!」とキレたね。味つけも、僕は辛いものは弱いんやけど、家内は大好き。「辛くない味にしてくれへん?」て頼むんやけど、辛い。食べて、せき込むと怒るしな(笑)。卵焼き焼くのかて、真っ黒や。下が真っ黒になってても、黙って出す(笑)。アホでも焼けるのに、なんやろ!? 腹立つから、携帯で写真、撮っといたんです。嫁の叔母さんが来たときに、「卵焼き頼んで、こんなの食えるか?」と見せたら、頭下げられましたよ。

 でも最近は、ピシッとしてますよ。うどんの出汁でも、僕は甘めが好きなんやけど、ちゃんと、それに合わせてくれる。言うべきは言うて、後は気長に待つことや。

■家事に協力しても文句ばかり

(質問2)最近、妻が働き始めたので、私も家事に協力しだしたんですが、皿を洗えば「台所が水浸しじゃない!」、洗濯物を干せば、「干し方が違う!」など文句ばかり。せっかく手伝っているのに腹が立ちます。男らしく、ひと言ピシャリと言いたいんですが、漢・山根なら何と言いますか? (東京都・50歳・男・会社員)

 結婚生活とは「愛を与えて愛に報いる」こと。これが夫婦円満の秘訣やね。愛に報いるというのは家事をやるのも、その一つ。僕は、料理作るの好きなんです。おかず作ったりしますよ。家事も、頼まれてから手伝うんじゃなくて、自分からやらんと意味ない。言われてやるようじゃ、価値はないね。

 さて、奥さんに文句ばかり言われると。僕の場合はね、妻に言われた欠点は直しましたよ。あと、気づいたときに労いの言葉をかけてやらんと、ダメやね。それをやっていれば、嫁から「住めば住むほど好きになった」と言われるようになります。

 25~26歳のときに、ふと気づいたんやけど、結局、男は女には勝てん。どんな天才でも、みんな、女から生まれとるからな。なんぼ男が偉そうなこと言うたかて、女性のほうが強い。漢・山根もオカンには頭が上がらんいうことや!

■雑誌『週刊大衆』で大好評連載中の「KO人生相談」では、『日刊大衆』でも幅広く相談を募集中。誰にも言えなかったお悩みや、ちょっと聞きたい疑問など、山根前会長への相談をドシドシとコチラ(https://taishu.jp/list/info/contact)から送ってください!

あわせて読む:
・辻希美VS加護亜依、料理センスにも「格差がすごい」