阿部寛(54)が主演を務める日曜劇場『下町ロケット』が、12月23日、ついに最終回を迎えた。ここのところ視聴率は右肩上がりで、最終回はなんと平均視聴率で16.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)まで伸ばした。ここでは最終回を振り返り、なぜこのドラマが有終の美を飾ることができたのかを考えてみたい。 …


あわせて読む:
・織田裕二も!「メンノン出身」タレントの華麗すぎるキャリア
・若い女性100人が選んだ「好きなおじさん」芸能人、なんと6人が1位の椿事
・阿部寛「1日に3、4本」過剰な焼き芋愛に所ジョージ驚愕