高嶋政宏、撮影現場にも“バラムチ”持参でイタズラ!?
画像はイメージです

 1月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、俳優の高嶋政宏(53)が自身の趣味について語り、MCの加藤浩次(49)らをあきれさせる場面があった。

 この日、高嶋政宏は“クイズッスSP 大注目&ブレイクニュースター!!”のコーナーに、VTRで出演。2018年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時』(同局系)で披露した、下着姿になりダウンタウン浜田雅功(55)からムチで打たれるパフォーマンスについて語った。

 この中で高嶋政宏は、本物のムチでは浜田雅功が遠慮してしまうと考え、おもちゃのムチを使っていたのだと暴露。そして打たれたときの感じについて、「イマイチしっくりこないんですよね」と不満そうな顔を見せ、浜田のムチ使いについては「1点にもいってないですね。100点満点中ですよ」「パシュッていう感じでもの足りないっていうか」とダメ出しをしていた。

 その後、高嶋政宏から「(自分は映画やドラマの)撮影現場、特に役者が集まる控え室で、あるイタズラをしてリアクションを楽しんでいました。そのイタズラとはいったいなんでしょうか?」というクイズが出された。その正解は「バラムチを机の上に置いておく」というもので、高嶋はそのイタズラについて、出演者たちが不審がる中、自分が持ってきたからそれで打ってくれと言うと、みんなが盛り上がるのだと説明。これを聞いた加藤浩次は、さも普通のことのように語る高嶋について「この人やっぱ頭おかしいわ」と言い捨てていた。

「過去には原田龍二(48)が『笑ってはいけない』の“裸枠”に出演して話題になりましたが、高嶋政宏がここまで振り切るとは思いませんでしたね。ただ、内容的に早い時間帯は難しいパフォーマンスなので、原田のように仕事が増えるかというと、微妙でしょうね」(芸能誌記者)――やりすぎですって!

あわせて読む:
・高嶋政宏、寿司店で“マニアグルメ”を紹介し視聴者騒然「存在がもう面白い」
・高嶋政伸、幼少期に誘拐予告されて刑事と同居していた!
・『絶対笑ってはいけない』シリーズ、歴代で一番面白かった回は?